주요 기사 바로가기

韓経:今年に入り13.4%進んだウォン安・円高…自動車・電子輸出で息吹き返すか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.25 10:49
0
ここ1~2年間で韓国輸出を抑えつけていた「円安悪材料」が弱まっている。24日、ウォン・円為替レートは2年4カ月ぶりに100円=1100ウォンを超えた。今年に入ってからだけで13.4%のウォン安で、輸出が息を吹き返すだろうという期待が高まっている。

韓国銀行によればこの日ウォン・円為替レートは100円=1104.31ウォン(午後3時基準)に5ウォンほど上がった。昨年末の100円=974.8ウォンから2カ月も経たずに130.23ウォンの急騰となった。それだけウォン安が進んだという意味だ。

国際金融市場のリスク回避心理が両国通貨の行方を分けた。ウォンは昨年末1ドル=1172.50ウォンからこの日は1ドル=1234.40ウォンへと大きくウォン安が進んだ。国際原油価格の暴落、北朝鮮長距離ミサイル発射などでウォン安を免れなかった。一方で安全資産に属する円は1ドル=120円から111円台へと上昇した。

ウォン・円為替レートが2年余り前の水準に戻ったのは、輸出にとって好材料だという分析だ。日本の金利引き下げなどアベノミクスによってウォン・円為替レートは昨年5月100円=890ウォン台までウォン高が進み韓国の輸出企業は大きな打撃を受けた。業界はウォン・円為替レートが10%上がれば年間輸出額は4.6%、営業利益は3.7%増える効果があるとみている。

◆円高10%進めば韓国の機械類輸出8.7%増

日本円が韓国経済に及ぼす威力は大きかった。オ・ジョングン建国(コングク)大学特任教授は「1996~1997年初めに円安ウォン高が急激に進みながら輸出が不振に陥ったし、通貨危機の衝撃を大きくした」として「国内産業の性格上ウォン・円為替レートの影響力がウォン・ドルよりも大きい」と説明した。現代経済研究院の分析によれば韓国と最も激しく輸出競争を行う国は日本だ。
韓経:今年に入り13.4%進んだウォン安・円高…自動車・電子輸出で息吹き返すか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP