주요 기사 바로가기

韓国国防部「THAAD配備地域、既存の米軍基地ではない可能性ある」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.10 11:03
0
韓国と米国が在韓米軍に高高度ミサイル防衛(THAAD)体系を導入するための実務交渉団を来週にも構成することにしたと政府高位当局者が話した。

THAAD業務に精通したこの当局者は9日、「分析をすればするほど北朝鮮の核とミサイルの脅威が大きくなっている」としながら「これ以上、交渉時期を遅らせる理由がないという結論を政府内から出た」と話した。

特にこの当局者は「中国の反発が思ったより強く時間がかかるほど不利だ」として「THAADを配備するための交渉を早く始め、交渉もできるだけ早く終えるというのが韓米両国の立場」と伝えた。

これに関連して国防部当局者は「THAAD配備費用は基本的に米国が負担し、韓国は敷地だけを提供する形になるだろう」と話した。

米国は昨年末に5つのTHAAD砲台(1つの砲台はレーダー1個、統制装置、発射台、ミサイルで構成されている)を導入し、2つの砲台を追加で注文した。

実務交渉が終われば敷地造成や配備などに1年余りかかるだけに、早ければ来年初めにTHAADが配備される可能性があると国防部当局者は見通した。

韓国と米国が北朝鮮の核・ミサイルの脅威に備えて在韓米軍にTHAAD体系の配備問題を公式協議することにしながら韓半島(朝鮮半島)内のTHAAD配備が現実化している。

韓米は在韓米軍のTHAAD配備問題を協議するために共同実務団を近く構成し、まずはTHAAD配備敷地などを検討することにしたと国防部関係者が9日明らかにした。実務団が用意したTHAAD配備案を韓米両国が承認すれば配備が最終決定される。

これに関連して国防部高位当局者はこの日、記者と会って「THAAD配備地域は既存の米軍部隊ではない可能性もある」と話した。平沢(ピョンテク)などの在韓米軍基地ではない第3の候補地が選ばれる可能性もあるということだ。

在韓米軍とTHAADメーカーのロッキードマーチン社は昨年から最近まで京畿道(キョンギド)平沢をはじめTHAAD配備の候補地5~6カ所を調査したという。国防部内部ではTHAADの砲台が平沢基地に配備される可能性が最も高いという話が出てきた。

韓米連合軍司令部の関係者は「米軍は2017年に完工する平沢基地が北朝鮮の核とミサイル威嚇にさらされることを最も憂慮している」として「それに対する補完策としてTHAAD配備を当然の手続きと感じている」と伝えた。
韓国国防部「THAAD配備地域、既存の米軍基地ではない可能性ある」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国国防部「THAAD配備地域、既存の米軍基地ではない可能性ある」(1)

    2016.02.10 11:03
    뉴스 메뉴 보기
    THAAD(写真=中央フォト)
    TOP