주요 기사 바로가기

<U-23サッカー>韓日戦に緊張?…笑い声響く韓国の練習場

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.01.29 15:55
0
韓国オリンピック(五輪)代表が「決戦の日」を待っている。韓国は30日夜(日本時間)にカタール・ドーハで行われるU-23(23歳以下)アジア選手権の決勝で、日本と対戦する。今大会の3位まで与えられる2016リオデジャネイロオリンピック(五輪)出場チケットは両チームとも獲得した。残りはたった一つの優勝カップだ。両チームは避けられない自尊心対決を控えている。緊張感が流れるしかないビッグマッチだ。

28日午後、韓国代表チームの練習が行われたカタールサッカー協会の練習場。緊張感はなかった。練習場には笑い声が響き、明るいムードだった。日本戦に対する自信が反映されていた。これは最も難しい相手、開催国のカタールを準決勝で3-1で撃破した自信だった。そして五輪予選、アジア競技大会、五輪などの主要大会で韓国五輪代表が一度も日本に敗れていないという自信も加わっている。4戦全勝だ。代表選手の顔から笑みが消えない理由だ。申台龍(シン・テヨン)監督は「日本戦の覚悟は必要ない。無条件に勝たなければいけない試合だ」と述べ、日本戦への意気込みを表した。

日本戦では「エース」ファン・ヒチャン(ザルツブルク)がいない。ファン・ヒチャンは所属チームに戻った。しかし心配する必要はない。カタール戦で活躍した長身ストライカー、キム・ヒョン(済州ユナイテッド)が日本戦を待っている。また得点2位タイ(4得点)で並び、得点王まで狙う権昶勲(クォン・チャンフン、水原サムスン)、文昶辰(ムン・チャンジン、浦項スティーラース)も鋭いプレーを見せている。

韓国代表チームはこのような自信で団結しながら練習場で汗を流した。「日本征伐」が近づいている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP