주요 기사 바로가기

金正恩第1書記が口開く…「水爆実験は自衛的措置」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.10 11:47
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、水爆実験は自衛的措置だと主張したと北朝鮮の国営メディアが10日に伝えた。

6日に水爆実験を発表してから出された金第1書記の初めての言及だ。金第1書記はこうした主張を人民武力部を訪問して演説をする方式で公開した。国営メディアは金第1書記が人民武力部を水爆実験と関連して「祝賀訪問した」と伝えた。

朝鮮中央通信と朝鮮労働党機関紙の労働新聞は10日、金第1書記が「労働党第7次大会が開かれる新年早々にわれわれが断行した水素弾試験」に言及し、これは「米帝と帝国主義者らの核戦争の危険から国の自主権と民族の生存権を徹底的に守護し朝鮮半島の平和と地域の安全を頼もしく担保するための自衛的措置」と主張した。「主体朝鮮初めての水素弾試験(水爆実験)の壮快な雷鳴が天地を震撼させた新年に人民武力部を祝賀訪問した」と伝えた。続けて水爆実験が「主権国家の合法的権利であり、だれも文句を付けられない正々堂々としたもの」と述べた。

主張の内容は北朝鮮がこれまでにやってきたものと大同小異だが、言及公開のタイミングは注目される。国連など国際社会が北朝鮮への制裁を議論しており、特に中国の措置が注目されている状況で金第1書記が口を開いたためだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金正恩第1書記が口開く…「水爆実験は自衛的措置」

    2016.01.10 11:47
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩第1書記。
    TOP