주요 기사 바로가기

【コラム】米国の韓国理解を深化させよう(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.11 08:41
0
しかしこうした大きな絵で一つ重要な要素が不足する。韓国に対する米国の理解で重要なのは「韓国の人々が韓国について何を言うか」でなく「米国の人々が韓国について何を言うか」だ。次のような質問をしてみよう。米国と世界で韓国に対する政策決定者の意見を主導する人たちは誰か。韓国の政治・経済・社会に対するグローバルメディアの報道を形成する人たちは誰か。韓国に対する世界人の思考を代弁する人たちは大学の助教授・副教授、シンクタンク所属の研究者、企業の重役、言論人だ。

我々は米国と欧州で韓国を代弁する次世代オピニオンリーダーを養成するために「ネクストジェン(NextGen)」というプロジェクトを遂行している。プロジェクトに参加した教授はほとんどが30代だ。全員が韓米政策事案を扱う専門家というわけではない。

その学問的な関心と専攻は韓国古代・中世史、人類学、建築学、生物学、地理学、言語学など全般的な分野にわたる。韓国である事件が発生すれば、メディアや専門家、高官らはこの人たちを訪れて事態の展開に対する意見を聴く。

ネクストジェンプログラムはこうした韓国学学者をワシントンに招請し、国務部・国防部・議会・ホワイトハウスで政策討論会を開催する。特定政策の立場を堅持させるのがネクストジェンの目標ではない。プログラムの目標は、個人的なネットワークを形成し、韓国をめぐる主要政策事案に対する理解を高めることだ。そうしてこそ学者がメディアや企業の韓国関連要請により自信を持って答えることができる。この夏にネクストジェンプログラムに参加した学者がソウルを訪問するのも同じ目的のためだ。私はこのプログラムの成功のために南カルフォルニア大(USC)のデビッド・カン韓国学研究院長と努力している。

私がこのプロジェクトを始めた理由は、米国内で韓国に関連する政策討議のレベルを高める必要性を感じたからだ。20年ほど前にデビッド・カン院長と私が新参教授だった当時はこういうプログラムがなかった。韓国と韓国人に対する米国人の理解を向上させるための投資は良い結果につながるだろう。

ビクター・チャ米ジョージタウン大教授
【コラム】米国の韓国理解を深化させよう(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP