주요 기사 바로가기

「車輪がついた製品は作らない」…SMの失敗で一時サムスンの不文律に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.10 11:04
0
サムスングループは1980年代から自動車事業進出を模索していた。韓国政府の反対により数回にわたり参入に失敗したが94年に許可を受け翌年3月にサムスン自動車を設立した。

個人的にも自動車への関心が大きかった李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長は自動車事業がサムスンの未来成長動力になると確信した。95年2月にロサンゼルスで行われた戦略会議で彼は「自動車事業はサムスンの21世紀新収益事業であり21世紀産業競争力の核心。21世紀には韓国が世界の自動車産業を主導していけるよう技術変化に対応しなければならない」と話した。李会長はサムスンの優秀人材を抽出してサムスン自動車に投じた。今回サムスンのスマートカー事業を指揮することになった朴鍾桓(パク・ジョンファン)副社長(55)もこの時合流した。

サムスン自動車は95年4月に釜山(プサン)の新湖(シンホ)工業団地に、98年に25万台、2000年に50万台の生産能力を備えるよう設計した工場を着工し、計画通り98年3月に初めての乗用車「SM5」を発売した。

 
だが97年に始まった通貨危機の影響でサムスン自動車は光を見ることはできなかった。自動車消費が大きく萎縮したためだ。韓国の自動車消費は97年の115万台規模から98年には56万台規模に急減した。さらにSM5の品質は高め価格は下げたために車を1台売るたびに150万ウォンの損失が出た。

初期投資費用が大きいことも早期不良の原因になった。新湖工業団地の土地をサムスンは当時としては高い価格である1坪当たり60万ウォン台で買い取った。地盤沈下を防ぐために1坪当たり50万ウォンの工事費を追加で投じなければならなかった。悪材料が重なり98年末にサムスン自動車の累積赤字は7000億ウォンに迫った。資本金8054億ウォンをほとんど食いつぶした状態になった。危機を克服するためにサムスンは起亜自動車買収、大宇電子とのビッグディール(企業間事業交換)を試みたが失敗に終わった。李健熙会長は結局99年6月にサムスン自動車の法定管理を申請した。李会長は当時サムスン自動車の負債を整理するためにサムスン生命の株式など個人資産2兆8000億ウォンを出すことにした。サムスンでは「車輪が付いた製品は作らない」という不文律が公然と知られるほどサムスンの自動車事業失敗は傷を残した。サムスン自動車は提携会社である日産を買収したフランスのルノーに売却された。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP