주요 기사 바로가기

牡丹峰楽団、12日から北京公演…中国党政の人々に全方向の招請状

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.10 10:20
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が寵愛する「北朝鮮版ガールズグループ」牡丹峰(モランボン)楽団と国家功勲合唱団が中国北京で公演する。12日から3日間行われるこの公演は、中国共産党の中央対外連絡部(中連部)の招待で実現した。9日、北京の外交消息筋は「公演は対外連絡部の主管で行われ、中国党政調の要人をはじめ主要人物に招請状が発送された」と話した。この消息筋は「公演団が9日、専用列車で平壌(ピョンヤン)駅を出発する際に北朝鮮権力序列第5位である金基南(キム・ギナム)労働党秘書が直接歓送に出たし、李進軍・平壌駐在中国大使も現場にいた」として「今回の公演に朝中当局がどれほど重きをおいているのか見せるもの」と説明した。

北京外交界では10月、劉雲山常務委員の北朝鮮訪問で突破口を開いた朝中の氷解の雰囲気が今回の公演を機に関係回復の急流に乗るのではないかという観測も出てきている。朝中関係が良好だった2012年6月には北朝鮮公演団が中国都市を巡回して革命歌劇『花売る娘』を公演したことがある。華春瑩・中国外務省報道官は定例記者会見で「両国の友好増進に助けになる」としながら歓迎の意を明らかにした。

金正恩体制のスタートと共に結成された牡丹峰楽団は、北朝鮮内では最高の人気を享受している10人組の女性バンドで、ミニスカート姿で舞台に上がる破格的な内容の演出に関心を集めている。国家功勲合唱団は金正恩ファミリーの偶像化の歌謡創作で独歩的な位置にある合唱団だ。10日北京に到着する予定の公演団は100人以上で構成されていると思われ、チェ・フィ朝鮮労働党中央委員会第1副部長が引率した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP