주요 기사 바로가기

安い、強い…中国産テレビが韓国市場攻勢(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.01 15:44
0
世界5位圏の中国テレビ製造会社TCLが韓国に上陸する。サムスンやLGなど世界1、2位のテレビメーカーを保有する韓国のテレビ市場に価格破壊をもたらすか注目される。

業界によると、TCLは最近、ロッテハイマートと販売代行協約を結び、今年のクリスマスシーズンを控えて初めて登場する。まず32・40・50インチのフルHD LEDテレビから出す予定だ。来年初めにはTCLの最新プレミアムラインの大型カーブド(曲面型)UHDテレビも導入する計画だ。

TCL本社の関係者は「世界最大テレビ市場の米国と中国でシェアが高まっているだけに、品質とデザインの面でサムスンやLG製品と比べてほとんど差がないと自信を持っている」とし「来年の韓国市場で売上高600億ウォン(約64億円)が1次目標」と述べた。2012年に韓国市場で「性能は落ちて価格だけが安い」という認識を与えた中国産「半額テレビ」ではないという説明だ。短所として指摘されてきたアフターサービス(AS)は東部電子に任せて解決することにした。

何よりもTCLの強みは価格競争力だ。サムスンとLGテレビの普及型フルHD LEDテレビを基準にすると、20-30%安いという見方が優勢だ。サムスン・LGの高級型であるUHDテレビまたはOLEDテレビと比較すると半額に近い。

実際、米国の最大家電マート「ベストバイ」でブラックフライデーシーズン(先月26-27日)にサムスン50インチUHDテレビは普段の949.99ドル(約110万ウォン)から799.99ドルに割引されて販売されていたが、米国インターネットテレビ事業者「Roku」の基本ソフト(OS)を搭載したTCLの50インチのフルHDテレビは半額に近い50万ウォンまで下がった。同じ仕様のサムスン・LGの50インチのフルHDテレビは同じ期間、550ドル(約64万ウォン)で販売され、25%の価格差があった。韓国内のテレビ市場で中国ブランドに対する認識が向上しているという点で、価格競争力はさらに大きな潜在力を持つ。

中国メーカーは自国政府の補助金支給など自国産業保護政策の恩恵と自国ブランドという利点を生かし、自国内の市場で「規模の経済性」を確保できた。さらにTCLをはじめ、ハイセンス、スカイワークスなど中国ブランドは海外企業を買収してグローバル市場進出を加速させ、技術レベルが確実に高まったという評価を受けている。ハイセンスはシャープのメキシコ工場を、TCLはサンヨーのメキシコテレビ工場を買収した。
安い、強い…中国産テレビが韓国市場攻勢(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP