주요 기사 바로가기

【グローバルウォッチ】中国の戦略の変化と韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.30 11:33
0
中国が周辺国を安心させる接近法に回帰すれば、中国とアジア太平洋地域にともにプラスとなる。中国の外交政策回帰はまず韓半島で実行されるのがよい。2013年6月に習近平国家主席とオバマ大統領はカリフォルニア州サニーランズで首脳会談し、北朝鮮問題を共通の関心事として浮き彫りにした。北朝鮮を核保有国と認めないことに合意した。北朝鮮がもう一つの自滅的ミサイル・核実験をできないよう中国が影響力を行使した可能性がある。しかし韓国の問題に積極的に介入するという信号を送るには、中国は北朝鮮が非核化会談に復帰するよう仲裁に動かなければならない。

ワシントンを訪問した習近平国家主席はサイバーセキュリティー問題に前向きな立場を見せた。米国は希望的な信号を発見した。ワシントンで習近平国家主席とオバマ大統領は、アジア太平洋地域の他の当事国にも拡張されうる新しい協力メカニズムを樹立するのに合意した。韓国はサイバー攻撃の主なターゲットの一つになった。商業スパイ活動に対するより効果的な中国の対応に関連し、米国と韓国は利害が一致する。

米国は韓日中首脳会談の再開を歓迎した。これは部分的にソウルと北京が歴史問題を克服するという意図が読み取られたからだ。年末までに歴史問題が解決されるには安倍晋三首相がするべきことが多い。韓日関係がきちんと作動しなければ、米国の同盟国である韓国と日本は共通の関心事に同じ声を出すことができない。

 
南シナ海の紛争は韓国の国家利益とかけ離れた問題と見えるかもしれない。朴槿恵政権は声を高めたり直接介入する問題に慎重に対処してきた。しかし航行の自由や紛争の平和的解決のような外交政策の一般原則を再論するだけでは、韓国が役割を十分に果たしたということはできない。

米国は中国を「封じ込め」る意志もなく能力もない。中国の平和と繁栄はアジア太平洋地域のすべての国にプラスとなる。米国は前向きな韓中関係に対して全く異議を提起しない。しかし中国を周辺国を安心させる形に復帰させるためには、すべての国が一緒に努力しなければならない。韓国も重要な役割を担う必要がある。

ステファン・ハガード・サンディエゴ・カリフォルニア大(UCSD)教授


【グロ宁バルウォッチ】中国の戦略の変化と韓国(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP