주요 기사 바로가기

小学生がすばらしいショパン演奏、その子がまさにチョ・ソンジン…自分の求めるものが明確だった(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.27 11:11
0
「ソウル瑞草洞(ソチョドン)のモーツァルトホールだった。小学校6年世の子供が演奏するショパンのスケルツォ2番Bフラット単調を聞いてびっくりした。こんなにうまく弾ける子がいるだろうか。それがチョ・ソンジンだった。別途に演奏をさせてみて話をしてみると、幼いけれども音楽についての召命があった。先生の真似事だけをしていなかった。自分が求めているものが明らかで確かだった」。

シン・スジョン元ソウル大音大学長(73)は9年前のチョ・ソンジンとの初めての出会いをこのように覚えていた。チョ・ソンジンをいつもそばで見守ってきた彼女は、「弟子」が2009年に浜松コンクールで優勝した時は飛びあがるほど嬉しかったという。チョ・ソンジンが2011チャイコフスキーコンクールと2014ルービンシュタインコンクールでそれぞれ3位になった時も彼女は淡々と席を守った。

「コンクールがそうだ。私も審査を多くやったが望んでいる人が優勝できない時が多かった。どんな結果でも受け入れなければならない。ショパンコンクール優勝のための待ちの時間だったようだ」。

彼女はそんな言葉でチョ・ソンジンを慰めたという。そんな忠告ができたのは、彼女自らがスターピアニストの出身だからだ。数多くのコンクールを体験して成績を出した後、早目に留学して1969年、26歳の若さでソウル大音大教授に任用された。外国から有名な交響楽団が韓国を訪れれば常連の共演者だった。弟子に劣らずクラシックスターだった。

清州(チョンジュ)生まれの彼女は両親が教育者だったが、家にピアノがなく学校だけで練習しなければならなかった。軍需物資として普及していたアップライトピアノだった。

韓国戦争(朝鮮戦争)が勃発した50年、小学4年の時に清州に避難して来た先生が才能を見出し、良い先生を探すよう薦めた。翌年、大邱(テグ)に行った当時の梨花(イファ)女子大教授だった李愛内(イ・アネ)先生に学んで日に日に実力がついた。

小学校6年だった52年のコンクールで初めて優勝したのに続き、避難先の釜山(プサン)で開かれた第1回梨花京鄕コンクールで2位となった。コンクールの新聞記事を見て父が申し込み、砂まみれの釜山の梨花芸術高校の海辺テント校舎で行われたコンクールであった。ソウル芸術高校を経てソウル大学に進学した彼女は大学3年時に第1回東亜コンクールで優勝した。当時の指定曲がショパン協奏曲1番。チョ・ソンジンがショパンコンクール本戦で演奏した曲だ。
小学生がすばらしいショパン演奏、その子がまさにチョ・ソンジン…自分の求めるものが明確だった(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    小学生がすばらしいショパン演奏、その子がまさにチョ・ソンジン…自分の求めるものが明確だった(1)

    2015.11.27 11:11
    뉴스 메뉴 보기
    シン・スジョン元ソウル大音大学長。最近ショパンコンクールで優勝したピアニスト、チョ・ソンジンの師匠だ。28日にソウル芸術の殿堂で開かれるトークコンサートで第1世代ピアニストとして芸術と人生の話をする。
    TOP