주요 기사 바로가기

食べる化粧品、SIMフリー携帯電話…日本でヒットの予感

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.24 09:58
0
日本経済が復活したことを受け、現地企業は活発に新商品・新技術をリリースしている。韓国貿易協会が日本の月刊誌「日経トレンディー」の「2016年ヒット予測」を基礎に、来年はどのような商品とサービスが流行するのか探ってみた。このヒット予測には日本人の好みが反映されているため、1億2000万人の巨大市場の攻略を考えている韓国輸出企業に良いヒントになるかもしれない。

まず注目されるのはモノのインターネット(Iot、Internet of Things)を前面に出した「激安オムニ家電」が挙げられた。低価格でありながら多機能をこなす。例えば、家電機器をスマートフォンと連結した後、IoTを通じてコーヒーが入ったら冷蔵庫からこれとぴったりのレシピを知らせたり、コーヒーの材料販売サイトにアクセスできたりする。IT製品ではユニバーサルSIM(USIM)チップのない一種のカラ携帯電話であるサムスン電子の「SIMフリーGalaxy」が含まれた。

新技術・流行を反映した製品には植物成分を加工した素材「セルロース」からつくられたナノ化粧品「セルロース・ナノ・コスメ」、水出しでつくったアイスコーヒー「コールドブリュー・ドラフトコーヒー」、性別問わず着ることのできる「ジェンダーレスファッション」、食べられる化粧品オイル「食べるコスメオイル」などが消費者の目を引くとみられている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    食べる化粧品、SIMフリー携帯電話…日本でヒットの予感

    2015.11.24 09:58
    뉴스 메뉴 보기
    2016年に日本で流行りそうな商品は(資料=韓国貿易協会)
    TOP