주요 기사 바로가기

世界が注目する「ソウル・スタイル」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.20 15:32
0
韓国女性の美しい肌と洗練された化粧法、豊富な美容知識と厳しい製品評価のために韓国は以前からグローバル化粧品ブランドのテストマーケットであり製品開発の発祥地の役割をしてきた。ところで韓流ドラマ・芸能番組などを通して「K-ビューティー」に憧れる海外女性が中国・東南アジアなどを中心に急増し韓国に対する情報も増えながら「韓国→ソウル→弘大」式にますますイメージが具体化したのだ。MACを運営するエスティローダーグループ・コリアのチョ・ヘソン次長は「2011年に韓国で開発した製品を世界市場に発売したのをはじめ、リップスティックの『コリアンキャンディ』『サニーソウル』や弘大ソウルメーキャップカバンまでますます具体的に変わりつつある」と説明した。

こうした形でソウルのイメージを具体化する傾向は、国内の化粧品ブランドでもあらわれている。「韓国女性の美しさ」を標ぼうする化粧品ブランドのバニラコ(Banila co)は昨年からソウルとソウルの女性をテーマにしたメーキャップ商品を出し続けている。昨秋にはソウルの風景を入れた「ティンテッド・ソウル」製品を、今春にはソウルの春の花をテーマにした「フローラル・ソウル」を出した。先月には「ソウル・フォックステイル・マスカラ」を発売した。今年9月にはソウル各地の違うイメージを反映して「北村(プクチョン)ゴージャス」「カロスキル・フェミニン」「弘大ファンキー」シリーズを出した。バニラコのマーケティング担当キム・ジウン室長は「K-ビューティーに関心が高い外国人に反応が良い」として「年末までに中国でも発売する予定」といった。

「K-ビューティー」熱風の中心である国内1位の化粧品企業アモーレパシフィックも「ソウル女性」を前面に押し出している。2013年から代表ブランドであるHERAの象徴を「世界の先端流行を導き情熱と個性、内面の美しさを持つソウルの女性」と決めて「ソウリスタ」という名前まで付けた。HERAの全商品には「ソウル・バーコード」がある。南山タワー・南大門(ナムデムン)・63ビル・芸術の殿堂などソウルのランドマークをバーコードデザインに反映した。

今年5月には20周年記念HERAセル・エッセンスの容器にもソウルのランドマークとソウル女性のイメージを入れた。先月には代表商品であるミスト・クッションケースをソウルをはじめ上海・ミラノなど世界を旅行する「ソウリスタ」の姿でデザインした。HERAのルージュホリック・リップスティックの中で2013年に発売した「ソウリスタ」の色は販売5位以内に入る。

今月の販売量も昨年より約47%増えた。先月にはソウルファッションウィークを公式後援しながら名前までHERAソウルファッションウィークに変えた。
世界が注目する「ソウル・スタイル」(3)

世界が注目する「ソウル・スタイル」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界が注目する「ソウル・スタイル」(2)

    2015.11.20 15:32
    뉴스 메뉴 보기
    ソウルの風景を背景に洗練されたソウルの女性の姿を製品包装に描いた国内化粧品ブランドのバニラコ。(写真上)ソウル女性を代表する「ソウリスタ」が世界を旅行する姿が入ったHERAのミスト・クッションケース。
    TOP