주요 기사 바로가기

【コラム】女性の商品化はもうやめよう=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.30 13:02
0
韓国の各種メディアに登場する女性の姿はこの5年間ずっと歪曲され、多くの人々を心配させている。雑誌・看板・ポスター・地下鉄、そしてテレビ広告には、一様に蠱惑的なポーズをとる女性であふれている。20年ほど前なら「ソフトポルノ」と見なされていた姿だ。時々、男性モデルを出すこともあるが、特に女性の身体的な特性を活用しようとする広告業界の試みは、その終わりが見えないほどだ。彼らは人間の隠密な欲求に働きかけ、消費者の判断を曇らせ、人間の持って生まれた魅力を低俗に変質させ、即刻的な満足と即興的な消費を引き出すのに余念がない。今はまさに女性の商品化時代だ。

女性を商品化しようという戦略は女性、特に若い女性に深刻な影響を及ぼす。年齢が若いほど各種メディアが投げかける隠密なメッセージに誘惑され、「肉体的な魅力が自分に最も重要な問題」と考えるからだ。特に若い女性はこうした隠れたメッセージを無批判的に受け入れ、「商業化された性」こそが自分を表現したり社会的に認められるのに必須の要素と考えたりもする。最近、就職のための面接で業務遂行能力より容貌がますます重視される雰囲気も、こうした容貌至上主義をあおっている。高い費用をかけて面接用の写真を別に撮り、志願する会社の業種に合う面接用のヘアスタイルまでも流行している。

魅力的な容貌が現代的な意味での女性の解放と軌を一にするという誤った広告は、女性の潜在力を踏みにじる行為と変わらない。このような広告が氾濫しなければ、自分の創意性をビジュアルアートや文学、公共サービス、または社会の発展を助けるいくつかの行動で表出する女性が、化粧品や性的メッセージが入った衣装、整形手術、卑俗な態度などで自らを表現するよう強要される。これによる容貌に対する過度な執着は途方もない社会的な費用を伴う。女性にどんな手段を使ってでも完ぺきな容貌を持つよう圧力を加える。それだけでなく、このように容貌至上主義を追求する過程で、周囲の人や家族に対する関心と配慮を失うなど副作用も深刻だ。ファッション雑誌によく登場する、あたかも外界から来たような冷たい表情の女性モデルを見ると、こうした問題の深刻性が十分に理解されるだろう。

以前、地下鉄でお互い親しそうに見えるグループの若い女性が目についた。彼女たちは自分たちの会話に熱中するようだったが、実際には他の人たちの目に自分がどのように映っているのかにもっと関心があるように見えた。全く知らない人たちの視線をさらに意識するためだ。

その女性たちの目をよく見ると、楽しさを全く感じていないようだった。時々聞こえる彼女たちの笑い声には何の意味もなく、表情も一様に悲しく見えた。容貌至上主義の世界に閉じ込められた彼女たちは、自分の内面的な悲しみを表現する方法を探し出せないようだった。
【コラ肃】女性の商品化はもうやめよう=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP