주요 기사 바로가기

相変わらず安モノ・ぼったくり・不親切…「再訪したくない韓国」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.05 10:06
0
韓国の観光産業が危機を迎えたのは円安の余波が大きい。しかし後進性を免れない慣行が、さらに根本的な問題だ。安モノ・ぼったくり・不親切慣行は相変わらずだ。観光産業成長のカギは「再訪問(リピーティング)」だが、今のようでは韓国は安いから行く場所というイメージを払しょくしにくいように思われる。世界旅行・観光産業競争力の順位で日本・中国が最近、数ランクずつ跳ね上がった一方で韓国は後退した理由もここにある。

国内観光協会所属の加盟会社はソウルだけで5000社に達する。それだけ過当競争が激しく高級観光よりも安モノ商品があふれるほかはない。チョ・テスク韓国観光協会の国外旅行業委員長は「韓国は観光会社のダンピング競争が激しくて観光が産業で大きくない」として「日本・中国に観光客を奪われないようにするならば国家レベルで戦略的な観光振興計画を立てなければならない」と話した。それと共に「今はそれぞれ分かれている旅行・グルメ・ショッピングを、水が流れるように一気に楽しめる観光商品の現代化・高級化が必要だ」と強調した。

最近の旅客急増でも、彼らが実際に国内で使って行くお金が多くないことも韓国観光産業の現状だ。低価格観光が一般化しながら中国人観光客を集めた中国の旅行会社から国内旅行経費を受けない「No Tour Fee」が拡散しながら国内観光業の出血競争はますます深刻化しているためだ。中国語の応対人材も不足して結局は朝鮮族・華僑の旅行会社だけが特需を迎えているというのが韓国観光産業の実状だ。宿泊のためにソウルから2時間ずつバスに乗ることも日常化してタクシー料金のぼったくりも根絶されていない。

しかも最近ではウォン高の余波で韓国観光の看板である済州島(チェジュド)まで観光客の減少危機に直面している。日本人観光客の搭乗率が30%台に過ぎないため大韓航空は済州-日本路線の閉鎖を検討もした。済州道の説得で路線を維持することにしたが、観光客が回復しなければ将来は楽観視しがたい。チョ委員長は「低価格の旅行商品は再び来たいと思わない韓国にする」として「国内観光業界も日本のように観光客別のターゲットを明確にして観光客を迎える文化も改善し、競争力を強化しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP