주요 기사 바로가기

青瓦台「来月2日の韓日首脳会談提案…日本の返答待ち」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.27 08:26
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)が日本側に11月2日の韓日首脳会談を提案したと26日、明らかにした。青瓦台の関係者はこの日、記者らに対し、「韓日中3カ国首脳会談を契機に韓日首脳会談をすることを韓日双方が協議してきた」とし「最近、我々は開催日時として11月2日を日本側に提案し、日本の返答を待っているところ」と述べた。朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相の会談が来月2日に最終確定すれば、朴槿恵政権発足後初めての韓日首脳会談が開かれる。

また朴大統領は、韓日中3カ国首脳会談(来月1日予定)に出席するため31日に訪韓する中国の李克強首相とも韓中首脳会談を行うと、青瓦台が明らかにした。李克強首相は朴大統領の招請で31日から来月2日まで公式訪韓する。

こうした発表があるまで韓日中3カ国間には高度な「外交戦争」が繰り広げられた。

神経戦を始めたのは日本だった。日本メディアは最近、相次いで日本政府の立場を詳しく伝えた。「韓国政府は日韓首脳会談について慰安婦問題で安倍首相が反省、謝罪する姿勢をしっかりと示すよう求め、初の首脳会談に暗雲が垂れこめている」(26日、産経新聞)、「韓国は日韓首脳会談の日程を正式に提案しない。朴槿恵大統領が慰安婦問題にこだわっているようだ。議長国としてふさわしくない」(23日、共同通信)などだ。「日本は首脳会談に積極的だが、韓国が固執している」という趣旨で受け止められる記事だった。

報道に接した外交部の当局者は不快感を表した。「日本政府は我々に首脳会談の議題や具体的な訪韓日程など事前準備に必要な事項についていかなる返答もせず、メディアを通じて自分たちの立場を有利に流している」という反応だった。

ある当局者は「韓日首脳会談を必ずしなければいけないのは事実。日本側が『慰安婦被害問題を以前より進展した方向で解決する契機にする』という意思を確実にするべきだが、こうした方法を使っている」と話した。
青瓦台「来月2日の韓日首脳会談提案…日本の返答待ち」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP