주요 기사 바로가기

潜水艦1隻輸出でソナタ1万8000台効果…安保も創造経済(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.10.26 15:04
0
◆武器体系の開発に20年

投資と回収に長い時間がかかるという点も特異だ。普通、一つの武器体系を開発するのに約20年かかる。韓国軍需産業振興会のアン・サンナム対外協力チーム長は「今年着手した新武器開発は2035年ごろ戦力に配備される」とし「軍需産業は量産に入った後、約20年間にわたり製品の生産と維持・保守を通じて投資金を回収する」と説明した。

軍需産業は全体のボリュームに比べて付加価値創出効果が大きい。韓国防衛産業振興会の研究によると、国防費を1000ウォン支出すると、1709ウォンの生産誘発効果があるという。公共行政(1448ウォン)、サービス業(1581ウォン)に比べてはるかに高く、産業平均(1659ウォン)も上回る。国防費1000ウォン支出時に創出される付加価値も764ウォンと、製造業(627ウォン)や産業平均(714ウォン)より高い。また国防費10億ウォンあたり21人の雇用が創出され、国防科学研究所がR&D投資額16兆ウォンを投入すれば経済効果は187兆ウォンと投資効果が11.64倍にのぼる。アン氏は「先端化、高度化、技術集約化され、軍需産業の価値がそれだけ高まった」とし「軍需産業は安保と経済活性化の好循環の役割をする」と述べた。

まだ韓国は軍需産業で先進国と差がある。しかし武器が先端化され、情報技術(IT)に強い韓国の軍需産業の地位も高まっている。グローバル軍需産業の市場規模は2013年を基準に4000億ドル(500兆ウォン)にのぼる。軍需産業の技術力は米国が1位、フランス・ドイツ・ロシア・英国・日本がその後に続く。韓国の軍需産業の技術力は世界9-10位だ。産業研究院によると、国内軍需産業の製品競争力は先進国の84-88%。しかし最近開発される新武器は無人化・知能化・スマート化され、IT技術と接点が広がり、韓国軍需産業の発展の可能性が高まっている。LIGネクスワンのキム・ジチャン事業本部長は「先端武器がIT機器化するという点と民族紛争、宗教紛争が絶えないという点で、軍需産業の見通しは明るい」と述べた。

韓国の軍需産業の輸出比率は先進国と比べて高い方ではない。2013年の国内軍需産業輸出比率は全体生産額の12.8%だった。一方、先進国の軍需産業の輸出比率は米国15-23%、英国24-28%、フランス23-25%、ドイツ35-50%など。しかし韓国軍需産業の輸出成長ペースは速い。軍需産業輸出額は2010年の11億8700万ドルから2014年には36億ドルと3倍以上に増えた。これは昨年の韓国の繊維製品輸出(35億ドル)より多く、韓国の対チリ・ペルー輸出額全体を上回る。

先端武器体系の導入で武器の価格も上がっている。1975年はF-5戦闘機が31億ウォンだったが、2005年にはF-15K戦闘機が1000億ウォンに達した。LIGネクスワンが開発した艦対艦誘導ミサイルや対潜水艦魚雷の場合、1発あたり20億ウォンにのぼる。潜水艦1隻の価格は中型車ソナタ1万8000台分に相当する。輸出に成功すれば海外でドルを稼ぐ産業となる。(中央SUNDAY第450号)


潜水艦1隻輸出でソナタ1万8000台効果…安保も創造経済(3)

潜水艦1隻輸出でソナタ1万8000台効果…安保も創造経済(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP