주요 기사 바로가기

<U-17W杯>「マラドーナに劣らない」…FIFAも魅了したイ・スンウ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.20 14:03
0
「イ・スンウを知らなければユーチューブで検索してみなさい。韓国から来た17歳のサッカースターの活躍を鑑賞できる」。国際サッカー連盟(FIFA)が19日、ホームページを通じてサッカー韓国U-17(U-17)代表のFWイ・スンウ(17、FCバルセロナ)を集中紹介した。FIFAはこの日、「(太極)戦士たちのためのイ・スンウの歌」と題し、イ・スンウが18日にチリで行われたU-17ワールドカップ(W杯)B組第1戦で優勝候補ブラジルを1-0で退けるのに大きな役割をしたと伝えた。

イ・スンウはスペインの名門バルセロナBチームのFW。しかし韓国国内ではイ・スンウについて「ワンダーボーイ」という称賛と「バブル」という評価がともに存在する。イ・スンウは先月の水原(スウォン)コンチネンタルカップで強引にドリブルし、チームワークを乱したという指摘を受けた。韓国はこの大会で1敗2分けに終わった。それでもイ・スンウは自信満々だ。イ・スンウは「記録は破るためにある」とし、2009年に孫興民(ソン・フンミン、23、トッテナム)らが成し遂げたU-17W杯最高成績「ベスト8」以上の成績を残すという覚悟を明らかにした。

イ・スンウは「スター登竜門」のU-17W杯で自分の能力を証明した。ブラジル戦で守備を引きつけてスペースを作り、守備にも積極的に加わった。ボス気質のイ・スンウは同僚を率いて代表チームを「イ・スンウのチーム」ではなく「ワンチーム」にした。

FIFAは19日、イ・スンウが昨年9月に日本とのアジアU-16チャンピオンシップ8強戦でドリブルで60メートル突破し、4人をかわしてゴールを決めた場面を取り上げながら、「素晴らしい突破と柔らかいフィニュッシュはマラドーナも誇りを感じるはず」と評価した。当時、イ・スンウはマラドーナ(55、アルゼンチン)が1986年W杯のイングランド戦で決めたゴールを再現したという評価を受けた。

海外でもイ・スンウに対する評価は賛辞一色だ。スペインメディアはリオネル・メッシ(28、バルセロナ)と似ているとしてイ・スンウを「リトルメッシ」と呼ぶ。バルセロナは7月、イ・スンウを成人Bチームに昇格させた。イングランドのリバプールの関係者は2013年、イ・スンウをスカウトするために父イ・ヨンジェさんをトイレまで追いかけ、巨額を提示したりもした。

身長170センチ、体重60キロと小柄なイ・スンウはチーム内で「闘鶏」と呼ばれる。勝負に対する根性で見えない人種差別を乗り越えた。イ・スンウは「バルセロナのメッシ、ネイマール(23)の練習を見ながらインスピレーションを得る。今大会の最初の目標はグループリーグ通過で、自分たちが行ける限りのところまで進みたい」と語った。韓国は21日午前8時(日本時間)にギニアと第2戦、24日午前5時にイングランドと第3戦を行う。

イ・スンウは昨年、日本戦で60メートルをドリブル突破してゴールを決めた後、こう叫んだ。「私が大韓民国のイ・スンウだ。Aqui Estoy(スペイン語で「私はここにいる」という意味)」。イ・スンウはチリでもう一度、「Aqui Estoy」を叫ぶ準備をしている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <U-17W杯>「マラドーナに劣らない」…FIFAも魅了したイ・スンウ

    2015.10.20 14:03
    뉴스 메뉴 보기
    イ・スンウ(17、FCバルセロナ)
    TOP