주요 기사 바로가기

ドイツの輸出の18%が自動車…「メイド・イン・ジャーマニー」の危機(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.24 09:06
0
フォルクスワーゲン問題の性格が変わっている。一自動車メーカーの排出ガス不正にとどまらない。「いまや『メイド・イン・ジャーマニー』の信頼の危機に拡大している」。ドイツ経済研究所(DIW)のマルセル・フラッシャー代表が22日に米経済メディアのザ・ストリートとのインタビューでした話だ。

フラッシャー所長は「ドイツの製造業は『信頼』と『完璧さ』を誇る。こうしたドイツの製造業でフォルクスワーゲンは品質の代名詞」と話した。そんなフォルクスワーゲンが排出ガス不正を行ったことが明らかになった。

フォルクスワーゲングループのウィンターコーン会長は結局辞任した。フォルクスワーゲンは23日にドイツ・ベルリンで緊急理事会後に記者会見を行い、ウィンターコーン会長の辞任を発表した。ウィンターコーン会長は声明を通じ、「最高経営責任者(CEO)としてディーゼルエンジンの不正問題に対する責任を認める」としながらも、「個人的には不正事実を認知できなかった」と抗弁した。

ドイツの経済界は緊張している。フォルクスワーゲン問題がドイツ独特の経済構造のために経済全般に広がりかねないためだ。ドイツは他の先進国と違い国内総生産(GDP)の中で輸出が占める割合が大きい。ほぼ50%に達する。技術力と信頼を基にした輸出が成長の主力エンジンだ。

その上ドイツの主力輸出品が自動車だ。ドイツ連邦経済省によると昨年の輸出は1兆2200億ドル程度だった。このうち自動車輸出は17.9%の2190億ドルに達する。都市銀行であるドイツ銀行は「ドイツの雇用5件中1件が自動車産業と関連がある」とした。ドイツの政官界がフォルクスワーゲン問題に機敏になるほかない理由だ。メルケル首相は「(フォルクスワーゲンは)透明に事態の真相を明らかにし、すべての問題を解決するのがカギ」と話した。問題がドイツ経済全体に広がる前にフォルクスワーゲンが積極的に解決するようにとのメッセージだ。
ドイツの輸出の18%が自動車…「メイド・イン・ジャーマニー」の危機(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP