주요 기사 바로가기

燃費自慢の輸入車…ふくらむ「誇張」議論=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.14 09:46
0
韓国内の自動車市場で「燃費議論」が再燃している。低燃費だと一部の欧州車が言い出して触発された。ドイツのフォルクスワーゲンは最近ゴルフ1.6 TDI(ディーゼル)モデルの燃費がリッターあたり16.1キロだと明らかにした。この前までは18.9キロの燃費を誇っていた車だった。消費者は「これまで燃費を誇張していたのではないか」として憤慨した。フォルクスワーゲンコリア側は「前と同じ車両ではなく、強化された排気ガス(ユーロ6)基準により7月に新しいエンジンを搭載したモデルの燃費を登録したもの」と釈明に出た。

同時にフランスのプジョー308モデルも似たような苦労をした。1.6ディーゼルの燃費が18.4キロから16.2キロに変わったという事実が知らされながら「誇張燃費」議論に包まれた。プジョー側は「変速機・エンジンなどが完全に違うモデル」としながら「特に以前の変速機の燃費が良かったが、乗車感などで国内消費者の好みに合わず、別の変速機を搭載したモデルにした」と話した。

これまで輸入車は国産車よりも優秀な燃費を武器として前面に出して市場を攻略してきた。特にディーゼル車側で燃費を強調していた。しかし今回の「燃費の下方修正」で国産車の存在感が再浮上している。国産車が「燃費逆転」に成功したという評価も出てくる。現代車ソナタの場合、ディーゼル1.7車両の燃費が16.8キロに達する。新しく導入されたゴルフ1.6ディーゼルと比較して燃費で先んじている。価格はソナタが最大600万ウォン(約65万円)ほど安い。起亜車K5の1.7ディーゼルもやはり16.8キロの燃費で似たような価格競争力を備えた。ソナタとK5はいずれも「ユーロ6」排気ガス規制を満たしたエンジンを搭載しながら燃料効率性まで達成した。イ・ホグン大徳(テドク)大学教授(自動車学科)は「消費者の権利意識が高まりながら燃費表示問題に敏感になっている」として「国内の自動車企業も安全性・便宜中心の技術開発で燃費がカギだということ認識し、ディーゼルエンジンの開発に積極的に取り組んでいる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    燃費自慢の輸入車…ふくらむ「誇張」議論=韓国

    2015.07.14 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    主なディーゼル乗用車の燃費比較
    TOP