주요 기사 바로가기

<慰安婦生存者13人証言>おばあさんのバッジ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.15 09:42
0
先月12日、慶尚南道馬山(マサン)の療養病院。キム・ヤンジュさん(91)は病室の隅で横になっていた。高血圧と糖尿があるキムさんは最近、認知症が深刻になり、慰安婦被害に対する記憶も薄れているようだ。しかしキムさんは昨年8月18日のことははっきりと覚えている。フランシスコ法王の訪韓最終日だ。カトリック信者のキムさんは馬山からソウルに行き、他の慰安婦被害6人とともに法王が明洞(ミョンドン)大聖堂で行った「平和と和解のミサ」に出席した。

被害者は当時、「すべての女性に対する暴力、抑圧、差別に反対する」という意味が込められた黄色い蝶のバッジを法王に渡した。蝶のバッジが慰安婦問題解決のための翼になることを祈る切実な気持ちを込めてだ。被害者らは「日本政府が法的に責任を認めて謝罪することを望む。私たちは高齢で、あとどれくらい生きるか分からない。法王様から希望を受けただけに、問題が解決されることを願う。望むことはそれしかない」と強調した。その日、フランシスコ法王はこのバッジを祭服につけてミサを行った。

それから1年余り経過し、病床に横になったキムさんは「他のことは分からない。息子…息子のやつが『子どももいなくてかわいそうだ』といって私の息子になってくれた」という言葉を繰り返した。病院からバスで10分ほどの距離に住み、キムさんの世話をしている養子のホンさん(69)のことだ。ホンさんはキムさんの唯一の家族だ。

1924年生まれのキムさんは幼い頃、父の暴力に耐えられず母と一緒に家を出た。しかし生活が苦しかった。その頃、馬山で会った人が「金を稼げるところがある」と言うのでついて行った。そのまま慰安所に連れて行かれた。キムさんがどこで何年間、慰安婦生活をしたのかは正確でない。登録当時にそのような内容を口述したが、関連資料は他の被害者に比べて詳しくなかった。キムさんが外部に別に公開したり証言したこともない。キムさんの認知症が激しくなり、追加で証言することも難しくなった。当時のことを尋ねると、キムさんは「思い出せない。つらかった。それまではしっかりとしていたが…」とだけ語った。
<慰安婦生存者13人証言>おばあさんのバッジ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <慰安婦生存者13人証言>おばあさんのバッジ(1)

    2015.09.15 09:42
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヤンジュさんは昨年まで他の地域で開かれる慰安婦被害関連行事にも参加していたが、今年に入って健康が悪化し、入院している。
    TOP