주요 기사 바로가기

<慰安婦生存者13人証言>「片思いも告白したことがない16歳だった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.14 08:40
0
自分が「花」であることを忘れた少女がいた。咲く前に踏みにじられたため、少女は自分の中のつぼみを知らなかった。当時16歳ごろだっただろうか。片思いも告白したことがない少女だった。

少女の祖国の朝鮮は1910年後の日本の植民地だった。1932年に日本は中国上海に「慰安所」を設置した。旧日本軍の性的奴隷の役割をする「慰安婦」がそこにいた。日本は植民地の少女を慰安婦として強制動員した。少女も「お腹いっぱい食べることができる」という言葉にだまされて慰安婦として連れて行かれた。わけも分からず日本軍を体で相手にしなければならなかった。

学者は少女のような慰安婦被害者が8万-20万人にのぼると推算している。うち半分以上が朝鮮人だった。1945年の解放と同時に慰安所も閉鎖された。慰安所に連れて行かれた朝鮮の少女は大韓民国の女性に成長した。しかし苦痛の記憶は隠さなければならなかった。数十年間、大韓民国で「慰安婦」という名を公開的に話す人はほとんどいなかった。少女が高齢になっていく間、慰安婦問題も少しずつ忘れられた。

1991年8月14日、今から24年前の今日。故金学順(キム・ハクスン)さんが初めて慰安婦だったことを公開証言した。その後、慰安婦被害者の証言が続いた。政府に登録された慰安婦被害者は計238人。2015年8月現在、生存している慰安婦被害者は47人だ。

中央日報の取材チームはうち13人の慰安婦被害者にインタビューを行った。先月22日、京畿道広州市の「ナヌムの家」(元慰安婦の共同生活施設)で会った姜日出(カン・イルチュル)さん(87)は10本の指に赤いマニキュアを塗っていた。

「おしゃれをする年齢で慰安婦として連れて行かれた悔しさがあり、毎日つめをきれいに塗っている。花のように美しい時期がずっと苦難だったので…」。

明日(15日)は光復(解放)70周年。光復とは光を取り戻すことだ。しかし慰安婦として連れて行かれた少女は解放後の70年を闇の中で過ごしながら老いた。平均年齢89.1歳。自分が花であることを忘れた47人の慰安婦女性がまだ生きている。彼女たちに光を返さなければいけない。慰安婦被害者の深いしわの中に苦痛の川が流れている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <慰安婦生存者13人証言>「片思いも告白したことがない16歳だった」

    2015.08.14 08:40
    뉴스 메뉴 보기
    (写真左から)◆89歳の金君子(キム・クンジャ)さん(16歳で強制動員)「私の全財産で孤児らを勉強させ、悔いはない」◆88歳の李玉善(イ・オクソン)さん(15歳で強制動員)「私たち全員が死んでも日本は必ず釈明するべき」◆87歳の李容洙(イ・ヨンス)さん(16歳で強制動員)「私は安倍首相が謝罪するまで戦う」
    TOP