주요 기사 바로가기

韓国、次世代中型衛星の開発に着手…19年までに独自開発を目標

ⓒ 中央日報日本語版2015.09.08 11:16
0
韓国航空宇宙産業(KAI)は、韓国航空宇宙研究院が主管する「次世代中型衛星1号機」の共同開発に着手したと7日、明らかにした。

次世代中型衛星1号機は500キロ級の精密地上観測用衛星で、2019年末までに韓国が独自開発することを目標としている。次世代中型衛星事業は、韓国政府の主要国政課題である「宇宙開発中長期計画」の核心事業で、2025年までに計12基の衛星を開発し、打ち上げるという計画だ。

KAI関係者は「光学(EO)、レーダー(SAR)、赤外線(IR)等さまざまな搭載体を自由に装着できる標準衛星プラットホームを活用し、衛星の価格競争力を確保しながら開発期間は大きく短縮させることができる」とし「次世代中型衛星は宇宙産業を輸出産業化する出発点になると確信する」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、次世代中型衛星の開発に着手…19年までに独自開発を目標

    2015.09.08 11:16
    뉴스 메뉴 보기
    韓国航空宇宙産業(KAI)が韓国航空宇宙研究院と共同開発する「次世代中型衛星1号機」。(写真=韓国航空宇宙産業)
    TOP