주요 기사 바로가기

【外から見る韓国】朴大統領、より果敢であってこそ機会つかむ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.31 09:25
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は最近、熟慮の末、北朝鮮に対する重要な決定をした。朴大統領は25日、5年任期の後半を始めた。来月2日には黄海を渡る。苦心の末に朴大統領は友人といえる中国の習近平国家主席の招待に応じ、北京で開催される戦勝70周年行事に出席する。

論争が多い決定だった。5月のロシアの勝戦記念日行事と同じように北京の戦勝節行事には大規模な軍事パレードが含まれる。閲兵式出席は意図とは違い、中国が火力を誇示することに公開的に支持するような姿を見せることとなる。多くのアジアと世界の指導者は最初から北京に行かないことを決めた。ロシア・モンゴル・エジプト、そして中央アジアの「スタン」で終わる4カ国など、最高指導者が参加することにした国は国際社会で少数派だ。米国の同盟国のうち参加を決めた国は韓国とチェコだけだ。

気にする必要ない。米国がどう考えようと、朴大統領は正しい決定をしたのだ。米国と中国が韓国を間に置いてどのような綱引きをしようと、韓国の指導者が今回北京に行かなければいけない特別な理由があるからだ。最近その理由をよく整理したのは、皮肉にも新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表だ。

文代表は野党指導者だ。英語の場合、野党と反対は同じ単語で表現される。野党(the oppositiion)がすることは反対(opposition)ということだ。しかし反対する方法にはいろいろある。ある種の反対は微妙だ。韓国の野党は「反対」をあまりにも文字通りに解釈することがよくある。ある時は物理的な力までも使う。インターネット時代には物理力の使用は韓国というブランドにマイナスとなるだけだ。

それで文代表が今回見せた、より洗練された野党は歓迎される。反対のための反対をやめ、政府をより良い道に誘導する生産的な野党のことだ。

文代表は朴大統領が北京に行くべきだと促した。苦しい立場にある朴大統領をさらに困惑させた。こうした状況を文代表は楽しんだのかもしれない。しかし朴大統領が戦勝節行事に行くべきだという文代表の主張は興味深いうえ、説得力もあった。島のような状況の韓国の経済が成長するには、北朝鮮と大陸にビジネスチャンスを拡張する必要があるというものだった。また文代表は他人に振り回されるのではなく、外交を通じて主導権を握るべきだと主張した。

しかし文代表の発言には「誤謬」がある。韓国が孤立した島という例えは反論を呼ぶ。韓国は国際社会で決して島のように孤立した状況ではない。韓国の大きさは半島の半分にすぎないが、世界を相手に経済関係を設定するうえ支障があるわけではない。特に韓中貿易規模は韓米貿易規模の倍だ。
【外から見る韓国】朴大統領、より果敢であってこそ機会つかむ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP