주요 기사 바로가기

中国首相に経済失敗責任論…「習近平主席のスケープゴートになる可能性も」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.27 11:08
0
上海証券市場が24日に8.49%急落し2007年以降で最大の下げ幅を記録すると、中国の李克強首相の責任論が出てきた。英フィナンシャルタイムズは26日、「株式市場崩壊に李克強首相危機」という記事で、中国共産党内部消息筋とアナリストの話として李首相が政治的未来のために戦わなければならない境遇に転落したと分析した。

香港中文大学のウィリー・ラム教授は同紙に対し、「李首相の立地は最近の危機で確実に危うくなった。状況がさらに悪化し(習近平主席に)スケープゴートが必要になれば李首相が適任だろう」と話した。

7月初めに中国政府が出した証券市場浮揚策を設計した主役は李首相と馬凱副首相だった。当時中国政府は株式の短期売買を禁止し、政府機関を通じて2000億ドル規模の株式を買い入れたが、再び暴落した。これを受け中国当局は大規模株式買い入れを通じた証券市場浮揚案は断念したようだとフィナンシャルタイムズは分析した。

3月31日に李首相就任後初めての西側メディアとのインタビューでフィナンシャルタイムズのライオネル・バーバー編集長と交わした話も問題にした。当時李首相は「弱い人民元を排除することはないが中国は人民元切り下げを望まない」と明らかにした。中国は11日から3日間にわたり人民元を3%ほど引き下げた。

李首相の経済関連の不適切な発言も指摘された。7月に強力な証券市場浮揚策が出た翌日、李首相は経済に対する自信を示しながらも証券市場暴落にはまったく言及しなかった。24日のブラックマンデー当日も李首相は国務院常務会議で3Dプリンティング産業の発展を求めるのにとどまった。フィナンシャルタイムズは、一部評論家が李首相は現実をわかっていないとしてあざ笑っていると指摘した。
中国首相に経済失敗責任論…「習近平主席のスケープゴートになる可能性も」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP