주요 기사 바로가기

北朝鮮が潜水艦50隻を作戦投入…平常時機動の10倍

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.24 09:59
0
南北が22日と23日の2回にわたり高官会談をする間にも北朝鮮海軍は50隻余りの潜水艦を作戦に投じるなど軍事的緊張度を高めていると韓国軍関係者が23日に話した。同関係者は、「北朝鮮は70隻余りの潜水艇と潜水艦を保有している。このうち70%に達する潜水艦が基地を離脱し作戦に出たことが観測された」と明らかにした。平常時の10倍に達する水準だ。軍の別の関係者は、「北朝鮮の潜水艦の動きを挑発の重要な尺度と考えている」と話した。潜水艦は馬養島(マヤンド)と南浦(ナムポ)など東海岸と西海岸にあるほぼすべての部隊から消えたことが把握されたという。

北朝鮮は23日午前から海上で操業中の漁船を帰還させるなど海上統制にも出た。

北朝鮮軍は金養建(キム・ヤンゴン)対南担当秘書の会談提案(21日午後4時)当時より前方地域に駐留中の砲兵を増強配置した。軍情報関係者は「北朝鮮軍が普段は坑道や部隊に置いた放射砲(多連装ロケット)と自走砲などを射撃陣地に移しており、命令さえ下されれば射撃できる水準を維持している」と伝えた。国策研究機関の北朝鮮専門家は「北朝鮮が交渉で有利な立場を占めるために戦略的圧迫をしているものかもしれない」と話した。

会談場の外で北朝鮮の武力示威が続くと韓国軍と共同で対応している米軍もやはり偵察監視装備投入を増やした。軍関係者は「米軍も日本とグアムからグローバルホーク(高高度無人偵察機)を作戦に投じただけでなく、北朝鮮の潜水艦探知のため最新鋭海上哨戒機のポセイドン(P-8)を投じたと承知している。北朝鮮地上軍の動きに備え移動標的監視が可能な高性能偵察機JSTARの投入も予想される」と話した。韓国軍と米軍は地上に電波を発射して映像化し夜間や悪天候でも地上を監視できる合成開口レーダー(SAR)も運用している。

軍は前方地域には多連装ロケット砲と自走砲など火力を増強した。韓米両国軍は21日午後に対北朝鮮情報監視態勢のウォッチコンを3段階から2段階に引き上げた。韓米は22日にはF-15KとF-16戦闘機4機ずつを動員し武力示威をしたりもした。空軍は海外訓練に出たF-16戦闘機6機を2日操り上げて復帰させた。

南北間の対立は交渉モードに変わったが前方の緊張はさらに高まっている状況だ。国防部当局者は「韓民求(ハン・ミング)国防部長官は1週間にわたり帰宅せずに国防部庁舎と合同参謀指揮統制室を行き来しながら状況を指揮した。17日の乙支演習後は執務室と国防部内のゲストハウスで夜を過ごしている」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮が潜水艦50隻を作戦投入…平常時機動の10倍

    2015.08.24 09:59
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮は23日にも潜水艦50隻余りを作戦に投じるなど緊張強度を高めた。写真は北朝鮮のロミオ級潜水艦(中央フォト)
    TOP