주요 기사 바로가기

特許457件…LGが10年かけて開発した「ツインウォッシュ」洗濯機

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.20 13:08
0
「ついにわれわれがやり遂げたんだ」。先月22日、LG電子H&Aデザイン研究所洗濯機チームのメッセンジャーチャットルームに上がってきた書き込みだ。「胸がいっぱいだ」というチーム員の返信が相次いだ。洗濯機1台がチーム員の自負心を大いに引き上げた。この日LG電子のチョ・ソンジン社長(59)は、「TROMツインウォッシュ」洗濯機を公開した。チーム員が心血を注いで開発した製品だ。「ツイン」という名前の通りドラム型洗濯機と縦型洗濯機の機能を結合しようというアイデアが10年ぶりに光を見たのだ。ドラムは洗濯物を下へ落として洗い、縦型はもみながら洗う。

今回出されたツインウォッシュは各種の記録を保有している。開発に参入した人材は合わせて145人だ、特許出願だけ457件に達する。19日にソウル・汝矣島(ヨイド)のLGツインタワーで3人の開発者と会った。チョン・ホイル首席研究員(44)は「デザインチームにいてツインウォッシュのデザインをしていない人は1人もいないだろう」と話した。するとイ・ギョンア専任研究員(34)が「最初にデザインする時は独身だったがいまでは結婚して母親になった」と話した。カン・ギヨン次長(43)は「LG電子ができてから最も多くの人が関わった作品」と自慢した。

アイデアが初めて出たのは2006年だった。洗濯機2台を付け下着など小さな洗濯物は縦型で、ふとんのような大きな洗濯物はドラム型で洗濯可能な革新的製品を作ろうという発想だった。そうするうちに「縦型洗濯機を低振動方式で設計しドラム洗濯機の下に取り付ければ良い」という提案が出された。

すぐに先行研究チームが構成された。だが、望む水準で振動を減らすのは容易ではなかった。カン次長は「商品を企画した私たちが元凶というほど開発チームの苦労が多かった」と話した。洗濯機の枠組みを作る金型開発者が「話にならないデザイン」と突き放す時もあった。これまでは洗濯槽部分だけだったドアが、フロント全面に拡大したためだった。チョン首席研究員は「一般のドラム型洗濯機で洗濯すればドアの高さが低く洗濯槽が深いため、靴下やハンカチのような小さい洗濯物が見えず取り出せなかった。こうした不便さを直すためドラムをさらに寝かせてドアを新しく作った」と話した。金型専門家たちが取り組み「極限設計」と舌を巻きながらともに夜を明かすこともあった。カン次長は「洗濯機のフロント全体をドアに変え1969年に韓国で初めて洗濯機を作り世界市場で1位となったLGの洗濯機の顔が変わったことになる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    特許457件…LGが10年かけて開発した「ツインウォッシュ」洗濯機

    2015.08.20 13:08
    뉴스 메뉴 보기
    イ・ギョンア専任研究員(中央)が「TROMツインウォッシュ」洗濯機について説明している。(写真=LG電子)
    TOP