주요 기사 바로가기

韓国製造業の景気低迷が悪化…PMI、低数値を記録

ⓒ 中央日報日本語版2015.08.05 14:33
0
韓国製造業の景気が悪化しているとの分析が出た。

3日、金融情報提供機関Markitによると、韓国の7月のヘッドラインPMI(購買担当者景気指数)は47.6で、過去2年間で2番目に低い数値を記録した。

Markitは「7月のヘッドラインPMIは47.6を記録し、6月の46.1に比べて上昇したが、韓国製造業の景気は急速に落ち込んでいることを示唆している」と指摘した。

PMIは製造業動向を一つの数字で明確に表すために考案された総合指数で、新規受注、生産、雇用、供給企業配送時間、購買在庫の指数から算出される。数値は50を基準として、基準値を上回れば景気が前よりも改善されたことを示す。

Markitは「7月の調査結果は、韓国製造業の景気悪化を示唆している」とし「生産減少率の場合、33カ月来の最高値を記録したことし6月に比べて鈍化したものの、急減の流れには変わりない」と説明した。続いて「これは新規受注の追加減少が主な原因。新規受注は不安定な景気や中東呼吸器症候群(MERS)事態によって減少したものと分析される」と説明した。

一方、Markitが集計した28カ国の製造業の7月PMIのうち、韓国の指数は24番目に低かった。韓国より低い国家は台湾(47.1)やインドネシア(47.3)、ギリシャ(30.2)、ブラジル(47.2)など4カ国だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP