주요 기사 바로가기

「不平等激しい市場経済は相続資本主義になる恐れ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.04 11:38
0
トマ・ピケティが新刊本を出した。『不平等の経済学』だ。2013年に世界的なベストセラーとなった『21世紀の資本』を出してから2年ぶりに出した本だ。

世界最大オンライン書店のアマゾンは韓国時間3日、ピケティの新刊本の販売を始めた。アマゾンは「数時間で『不平等の経済学』の販売ランキングが5000位以内に入った」と発表した。米国と欧州の人々が本格的に1日を始める前に本の販売が始まった点を考慮すれば目立った販売実績だ。

『不平等の経済学』とはどんな本だろうか。ノーベル経済学賞受賞者であるプリンストン大学のポール・クルーグマン教授が2日付ニューヨークタイムズに書いた書評で、「『21世紀の資本』はとても厚く一部の読者が内容をまとめた本を期待しているかもしれないが、『不平等の経済学』はそのような本ではない」と説明した。代わりにピケティが2001年に発表した論文である「米国の所得不平等(Income inequality in the United States、1913-1998)」を単行本として構成したものだ。

ピケティは新しい本で不平等が激しくなれば現在の市場経済が「相続資本主義」に変質しかねないと警告する。また、インターネットなど新技術が不平等を深める重要な要因だがこれまで経済学者の考えのように決定的な原因ではないとした。累進税だけでなく労働組合の位置付け強化も不平等をある程度緩和できると主張した。

クルーグマンは「統計値や主張などが2001年の論文から多くアップデートされていない」と評した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP