주요 기사 바로가기

韓国アニメ、世界キッズ市場で第2の全盛期(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.09 16:41
0
1/2
タヨTV関連の各種調査結果
ポロロとタヨを開発したアイコニクスは毎月世界の子ども視聴者1億人(1億回)を動かす大手に浮上した。版権契約を通じて海外放送局にアニメを供給する形の伝統的な流通網に依存する必要がなくなったからだ。アイコニクスのチョン・ドンス新規事業本部取締役は「数年前まで海外に進出するには現地の影響力を持つ放送パートナーを探して現地放送局を説得しなければならなかったが、今は状況が変わった」とし「グローバル流通チャンネルを活用しながら従来の放送用製作費の10分の1だけでもあっという間にグローバルコンテンツに生まれ変わることになった」と述べた。同社は今後、童話作家・ユーチューブ動画製作者と提携し、「本を読んでくれるタヨ」のような新規サービスも出す予定だ。

子どもユーチューブチャンネルとともに浮上したユーチューブチャンネルもある。「トーイアンボクシング(おもちゃの開封)チャンネルだ。人気キャラクターのおもちゃを購入した後、開封して遊ぶ場面を動画に撮り、周期的に載せるチャンネルだ。

グローバル市場では100万人以上の登録者がいる「サプライズコレクター」や「ファントーイズコレクター」などのアンボクシングチャンネルが有名だ。米国の9歳の子どもエバンちゃんは「エバンチューブ」というユーチューブチャンネル(登録者130万人)におもちゃレビュー動画を載せ、毎年広告収入で14億ウォン(約1億5000万円)を稼ぐトップスターになった。最近はおやつのレビューをしている。

国内でもこれをベンチマーキングしたアンボクシングチャンネルが人気だ。トーイプディングTV、ナオディズニートーイ、ダンビトーイズなどが代表例だ。おもちゃで遊ぶ場面を見るだけで喜ぶ子どもが主な視聴者だ。高価なおもちゃを購入する前にあらかじめ細部の機能をチェックできるという長所ために親にも好まれる。

今年上半期の国内ユーチューブ視聴者が最も多く見たキッズ動画1位も、アンボクシングチャンネル「ナオディズニートーイ」の動画だった。小さいサイズのミニタヨバスのおもちゃを箱から取り出し、洗車や注油をしながら遊ぶ場面を撮った11分間のこの動画の照会数は現在5614万回を超えている。動画の下には「このおもちゃはどこで購入できるのか」というコメントが英語・中国語・アラビア語で書き込まれている。匿名を求めたチャンネル運営者Aさんは「子どもがいる平凡な30代のサラリーマン男性」と紹介し、「最初は自分の子に見せようとおもちゃ遊びの動画を作り始め、ここまできた」と話した。このチャンネル動画照会数の90%は海外だ。
韓国アニメ、世界キッズ市場で第2の全盛期(3)

韓国アニメ、世界キッズ市場で第2の全盛期(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP