주요 기사 바로가기

<MERS>「大衆はバカではない…信じるに値する情報与えるのが政府のすべき事」(3)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.03 17:02
0
--数千校の学校が休校して世界保健機関(WHO)の勧告で授業を再開したが。

「MERSのような事態には2種類の伝染病を目撃できる。1つはMERSという病気で、もう1つは恐怖という伝染病だ。2つの伝染病はそれぞれ正しい感染統制と先制的コミュニケーションで緩和させることができる。親たちの心配も理解できる。彼らの行動をやめさせるよりは、理解して共感する形で詳細に説明してこそ政府の措置を受け入れることができる」

--感染病の危機疎通の成功した事例は。

「西アフリカのエボラ事態を挙げることができる。感染病コミュニケーション戦略は地域社会との協力のもとに文化・社会・宗教的な脈絡と慣習を反映して開発してこそしっかり作動する。『病気にかかった人に触るな』というガイドラインは、家族が互いに看病するアフリカ文化では通じない。『家族を看病する時は自らを保護しなさい。外部の助けを受けなさい』のほうが良い」

--危機コミュニケーションの失敗例は。

「『なぜ』と『どのように』を提示せず、人々に措置を指示するケースだ。全体事実を公開しなかったり状況を隠したりするなど大衆の信頼を失うぐらいの行動と措置を取ることだ」

--正しい疎通のために韓国は何をしなければならないのか。

「感染病の初期対応はいつも難しい。政府の立場としては不確実性が高く情報が不足していたが、大衆は情報公開に対する欲求が大きい。感染が広がる時に最も良い危機疎通の戦略は、病気の発生前に準備しておいた訓練から出てくる。病院・メディアなど利害当事者と事前に関係を構築して訓練しておかなければならない。容易ではないが、命を助けるために価値がある」

※ペトラ・ディークマン=現職医師で感染病・保健安保分野の危機コミュニケーション専門家。医大で「化学・生物・放射能・核(CBRN)の威嚇に対する大衆の認識」を学び、バイオセキュリティと文化政治学を組み合わせた研究で博士学位を取得した。ドイツ連邦感染病予防研究所を経て憲法裁判所、英国ロンドン政経大(LSE)研究教授。著書に『伝染病-パンデミック-パニック(Plague-Pandemic-Panic)』(2011)がある。
<MERS>「大侏はバカではない…信じるに値する情報与えるのが政府のすべき事」(1)

<MERS>「大衆はバカではない…信じるに値する情報与えるのが政府のすべき事」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <MERS>「大衆はバカではない…信じるに値する情報与えるのが政府のすべき事」(3)

    2015.07.03 17:02
    뉴스 메뉴 보기
    危機コミュニケーションの時、大衆の信頼を損なわせる要因
    TOP