주요 기사 바로가기

<盗作疑惑>文壇の自浄か、検察の捜査か…申京淑氏は沈黙(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.22 17:24
0
◆文学界緊急討論会の行方に注目

韓国作家会議(理事長イ・シヨン)が文化連帯と共同で23日午後4時、ソウル弘大前の西橋芸術実験センターで緊急討論会を開く。申氏の盗作疑惑が本格的な文学公論の場に出てくる。

こうした中、申氏の1994年の短編小説『伝説』の一部が三島由紀夫の短編小説『憂国』の一部を盗作したという主張は、文壇内部でも事実として受け止める雰囲気になっている。申氏の小説を何度か出版している文学ドンネ出版社の編集委員である文学評論家のシン・ヒョンチョル氏、クォン・ヒチョル氏までが先週末、「同じものを違うとは言えない」と述べ、盗作と見なすという立場を明らかにした。

文学評論家のクォン・ソンウ氏はシン・ヒョンチョル氏の反応が伝えられると、フェイスブックで「申京淑のこうした途方もない、悲しさまで感じる墜落は、文学ドンネの責任が大きいと考える」とし、戦線を拡大した。2000年代に入り、チャンビ・文学ドンネなどメジャー文学出版社が収益創出を重視し、作品の文学性や盗作問題などに目をつ閉じた結果、今回のような状況を招いたという批判だ。

23日の討論会もこうした点を取り上げる計画だ。文学評論家のイ・ミュンウォン氏が「申京淑盗作疑惑の真実、文化的脈絡」、同じく評論家のオ・チャンウン氏が「申京淑盗作局面で文学権力の問題」をテーマにそれぞれ発表する。

オ・チャンウン氏は「今回の盗作疑惑はあまりにも明白であり異見がない」とし「良い作家が十分な時間と努力で優れた作品を生産する余裕を与えず、まだ熟していない作品を出すことに汲々とする現在の出版システムを取り上げる考え」と述べた。討論者として参加する文学評論家のチョン・ウンギョン氏は「申氏の盗作は大衆に迎合してよく売れる本の出版に没頭してきた出版権力の慣行に起因する」と語った。

元老文学評論家のユ・ジョンホ氏は「激しく盗作に追い込むよりは、文を書くことにおいて自己規律、自己反省が不足していたと厳格に叱責し、作家を生かす方向に進まなければいけない」と述べた。
<盗作疑惑>文壇の自浄か、検察の捜査か…申京淑氏は沈黙(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP