주요 기사 바로가기

朴大統領、最初の確診から6日後に長官から対面報告(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.09 10:18
0
文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官が、中東呼吸器症候群(MERS)の最初の患者が確認されてから6日後に朴槿恵(パク・クネ)大統領に初めての対面報告をしていたことが分かった。

文長官は8日、MERS関連の国会緊急懸案質問に出てきて新政治民主連合の李穆熙(イ・モクヒ)議員が「最初に報告したのはいつか」と尋ねると「5月26日の閣僚会議で初めて報告した」と答えた。朴大統領は当時青瓦台(チョンワデ、大統領府)で国務会議を主宰し、文長官は会議で口頭報告したという。国内で最初のMERS確診患者は先月20日に確認された。文長官は「(対面報告は先月26日に初めて行ったが)いつもさまざまな形態で、有線電話でも報告していた」として「状況がもう少し深刻化し、追加対策なども報告した」と述べた。だが李議員は質問後、福祉部の資料を公開して「対面報告前までは実務ラインで『一日患者発生現況』などを報告する水準にとどまっていた」と指摘した。

この日の緊急質問では、与野関係なく政府の初期対応を批判した。特に政府がMERS患者が診療を受けたり立ち寄ったりした病院名を18日間公開していなかったところ7日に遅れて公開したり、14人目の確診患者が結核患者だという事実を知らせなかったりしたことについて指摘が相次いだ。

韓国女性医師会長をつとめたセヌリ党の朴仁淑(パク・インスク)議員は「14人目の患者である35歳男性に『基底疾患』があるのにこの重要な情報が抜けていたのか(福祉部が)隠していたのかを知っているのか」と尋ねた。基底疾患というのは普段から患者がかかっていた疾患を意味し、呼吸器疾患を基底疾患として持っている場合はMERSに感染する確率がより高いという。これに対し文長官は「その患者の子供が結核にかかっており、本人も結核を病んでいる」と答えた。朴議員は「そのような情報が1つも公開されていない。患者情報も公開されるべきだ」として「秘密主義が病気を重くした」と強調した。ソウル大学医大教授出身の新政治連合・金容益(キム・ヨンイク)議員も「絶対に秘密主義を使うな。滅びる道だ」と加勢した。文長官は医師協会・病院協会などの非常連絡網による状況の伝え方についても「基本的に連絡網は運営するつもりで準備していたが…」と答えて初期対応の際に連絡網をまともに活用していなかったことも認めた。
朴大統領、最初の確診から6日後に長官から対面報告(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領、最初の確診から6日後に長官から対面報告(1)

    2015.06.09 10:18
    뉴스 메뉴 보기
    文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官が8日、野党議員の辞任要求について「最善を尽くしてMERS事態を早期安定させる」として即答を避けた。
    TOP