주요 기사 바로가기

韓国政府、「MERSゴールデンタイム」36時間逃した

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.01 09:00
0
政府が中東呼吸器症候群(MERS)の最初の患者を確認するのに一日半を浪費したことが明らかになった。中央日報が国会保健福祉委員会の速記録を分析した結果だ。病院側が「MERSが疑われる」と保健当局に報告したが、患者が訪問したバーレーンはMERS発生国でないという理由でこれを無視した。MERS掌握に最も重要な初期に一日半をそのまま過ごしたため、潜伏期の接触者追跡開始時間が遅れ、その後すべての対策が次々と遅れた。MERS拡散防止の「ゴールデンタイム」を逃したのだ。

最初のMERS患者(68)は先月12-17日に病院3カ所を回り、17日に総合病院の応急室に行った。病院側は患者に高熱・せきなどMERSの症状がみられるうえ、中東のバーレーンを訪問したことを知り、18日午前、疾病管理本部に感染の確認を要請した。しかし疾病管理本部は「バーレーンはMERS発生国ではない」として応じなかった。その代わり12種類の他の呼吸器疾患ではないか検査するよう指示した。病院の調査ではその中のどの疾患にも該当しなかった。疾病管理本部は19日午後8時ごろ、検体を持っていき、翌日午前6、7時にMERS感染を確認した。匿名を求めた医療界関係者は「先月27、28日の病院感染管理学会で専門家が疾病管理本部の遅い対応を糾弾した」と述べた。

ヤン・ビョングク疾病管理本部長は先月27日、国会保健福祉委員会に出席し、「バーレーンでは患者が一人もおらず、まずこれ(12種類の検査)からするのが我々の勧告事項」と述べた。この機関の別の関係者は「病院側が患者の診療を正しくし、サウジアラビアを旅行した事実を知って我々に報告していれば、すぐに駆けつけたはず」と主張した。

最初の患者が2番目に行った病院で患者が相次いで発生すると、政府は28日、その病院のすべての患者と家族を対象に全面再追跡に入った。この作業を早く始めていれば27日から発生した感染者(11人)を早めに確認できていた可能性がある。

MERS患者は31日に2人増え、計15人となった。一人は最初の患者と同じ病院に入院していて、もう一人はその病院に入院中の母を看病していたことが調査で分かった。2人とも35歳の男性だ。疾病管理本部は最初の患者発生以降に発病した14人はすべて最初の患者と直接・間接的に接触した2次感染患者と明らかにした。このうち6人目の患者(71)は病状が悪化し、危篤状態だ。文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官はこの日の記者会見で、「MERSの伝播力に対する判断錯誤があり、最初の患者との接触者を一部確認できなかったことなどで心配と不安を与えたことを謝罪する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府、「MERSゴールデンタイム」36時間逃した

    2015.06.01 09:00
    뉴스 메뉴 보기
    文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官(右)が31日、政府ソウル庁舎で中東呼吸器症候群(MERS)拡散防止対策を発表した。文長官は「MERSの伝播力に対する判断に錯誤があり、最初の患者の接触者グループを一部確認できなかった」と述べ、初期対応ミスについて謝罪した。左側から金宇柱(キム・ウジュ)大韓感染学会理事長、朴相根(パク・サングン)大韓病院協会会長、李康鉉(イ・ガンヒョン)大韓応急医学会理事長。
    TOP