주요 기사 바로가기

日本、安倍訪米後1カ月間で“49億ドル規模”米国製先端武器購入

ⓒ 中央日報日本語版2015.06.03 10:43
0
日本が安倍晋三首相の訪米後1カ月の間に48億9000万ドル規模の先端武器を集中的に購入していたことが分かった。

米国防総省傘下の国防安全保障協力局(DSCA)は、国務省が今月1日、日本にE-2D先進型ホークアイ空中早期警戒管制機4機を販売する契約を承認したと明らかにした。同機4機とエンジン、レーダー、その他装備などを含めた販売価格は計17億ドルに達する。

これにより、安倍首相が米国ワシントンを訪問した後、日本は計3件で48億9000万ドルに達する米国製先端武器を購入することになった。

米国務省は先月5日、30億ドル規模のV-22Bオスプレイ輸送機17機の販売契約を承認したことに続き、同月13日には1億9900万ドル相当のUGM-84Lミサイル「ハープーン」関連の装備や部品とともに訓練や軍需支援を提供する契約を締結した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP