주요 기사 바로가기

独島、日本の主張はだから虚構だ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.28 10:35
0
昨年島根県は『竹島問題100問100答』という本を発刊しました。日本の独島(ドクト、日本名・竹島)領有権主張論理を盛り込んだものです。これに対し慶尚北道(キョンサンブクト)独島資料研究会はこうした日本の主張の虚構性に反論する『竹島問題100問100答に対する批判』という本を出しました。これを基に日本の主張にどのような問題があるのか調べます。引用符(『』)内は質問項目と回答の題名です。

日本=『1905年の竹島領土編入はどういう経緯で行われたのか』。竹島は1905年1月28日に島根県隠岐島司の所管とすることを閣議で決定し、同年2月22日に島根県知事がこれを告示することによって編入された。

韓国=『1905年島根県による独島編入の真実は何か』。(独島を島根県に編入させようと)中井養三郎が願書を内務省地方局に持って行ったところ担当者である井上書記官が内務省で1875年に作成した関連報告書などを調べた後、次のように話し出願を却下させると言った。「韓国の土地という疑いがある一介不毛の岩礁を取ってさまざまな外国に日本が韓国併呑の野心があるということを疑わせるのは利益が極めて少ないのに対し事態は決して容易でない」。

日本=『「固有の領土」なのに領土編入するのは矛盾していないか』。竹島は近代国際法が東アジアで受容される前から東アジアの国際的規範秩序の中で韓国または日本の地図に属していた土地だ。韓国と日本が欧州で始まった近代国際法秩序に編入される過程で自国領土と認められた。日本としては歴史的権源(根拠)を再確認するため1905年に領土編入措置をしたものだ。したがって編入は竹島が固有領土という事実と矛盾しない。

韓国=『固有領土を改めて領土に編入する国がどこにあるのか』。固有領土ならば住民を移住させて居住させたり漁労行為を許可すれば良い。領土が明らかだといって再び編入する行為は世界のどこの国もしない。したがってこの問題は国際法で規定する何らの内容になれないものだ。それでも日本側は固有領土を編入しなければならないという国際法もなく編入してはならないという国際法もないという形で言葉遊びをしている。

日本=『竹島のアシカに対して知りたい』。島根県は1905年の領土編入以降、アシカ猟を中井養三郎ら4人に許可した。1908年まで年間1000頭以上を捕獲した。20世紀に入り鬱陵島(ウルルンド)の人口が4000人に近づいたころに姿を消したとみられる。

韓国=『日本人によって絶滅した独島アシカ』。日本が数千年間独島に生息していたアシカを1900年代初期に大量で捕獲した上にメスと子どもまで乱獲した結果、半世紀もたたずにアシカは絶滅状態になった。

日本=『マッカーサーラインとは何か』。マッカーサーラインとは日本占領期に連合軍総司令部が定めた日本漁船の漁業区域をいう。ここで竹島をマッカーサーラインの外に置いた。韓国はこれらの指令により「竹島が日本領ではないことに決まった」と主張する。しかし指令の中に追加規定があり、日本領土の決定とは関係がない。

韓国=『マッカーサーラインは最終的なものではなかったが事実上最終的なものになった』。マッカーサーラインは最終的なものではなかったが、この指令以降連合軍総司令部は独島と関連した指令をいかなる形態であれ新たに発令した事実はない。マッカーサーラインは事実上最終的なものになった。
独島、日本の主張は뺂から虚構だ(2)

独島、日本の主張はだから虚構だ(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    独島、日本の主張はだから虚構だ(1)

    2015.05.28 10:35
    뉴스 메뉴 보기
    独島の歴史と現実を説明した慶尚北道の英文独島ホームページ。(写真=慶尚北道、独島資料研究会)
    TOP