주요 기사 바로가기

【コラム】悪魔とダンスを…韓国、実用主義外交を展開すべき(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.08 10:44
0
5月5日にソウルで開かれた中央日報-米戦略国際問題研究所(CSIS)フォーラムに参加した複数のアジア専門家は、韓国が韓国のための(for Korea)ロビーをせずに反日(against Japan)ロビーをして米国人の支持を受けられなかったと話した。いかに多くの米国人が韓国のそんなロビー活動を不快に受けとめていたのかは分からないが、少なくとも米国政府の対韓国政策に強大な影響を及ぼす人々がそのように思うならば、韓国外交が深刻に反省すべきことだ。彼らは安倍首相の8・15演説にも「謝罪」はないとみている。

朴槿恵(パク・クネ)政権は、日本政府の謝罪なしに韓日関係をどのように正常化するだろうか。慰安婦に対する謝罪なしに正常化の手順を踏むことは、政治的に決して容易なことではない。朴大統領のようにセウォル号によって、首相と首相候補の相次ぐ落馬によって、数多くの元・現職の高官や政治家たちがかかわった疑惑を受ける成完鍾(ソン・ワンジョン)スキャンダルによって、自身の人気が底をはっているような境遇では、より一層のことだ。米国の否定にもかかわらず、米国の日本偏向(Tilting)は明らかだ。米国は韓国に、日本との関係を正常化して韓米日の安保協力体制に参加するよう圧力の強度を高めるだろう。それは米国の高位官僚の韓国批判発言によってすでに予告された。

朴大統領は大胆な決断を下さなければならない。慰安婦や歴史問題にこれ以上しばられて日本を冷遇し続ければ、韓国は米国からも孤立するだろう。中国の習近平国家主席も先月のバンドン会議で安倍首相と笑顔で握手し対話をしなかったか。朴大統領は慰安婦と歴史問題を別のトラックの上にのせて、安倍首相に会って安保・経済・文化分野の関係正常化を議論しなければならない。日本の嫌韓の雰囲気は極みに達した。安倍首相の歴史修正主義や軍事大国路線をいくら非難しても何も変わらない。遠からず韓中日首脳会談が開かれる。そこが韓日関係の改善の出口を切り開く舞台になりうる。慰安婦への謝罪を拒否する安倍首相は道徳的に問題のある人だ。それでも国益のためには悪魔ともダンスを踊らなければならない。朴大統領は、長期政権が保障された安倍首相を相手に実用主義外交を展開しなければならない。

金永熙(キム・ヨンヒ)国際問題論説委員
【コラム】悪魔とダンスを…韓国、実用主義外交を展開すべき(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP