주요 기사 바로가기

米メディア、安倍首相を圧迫…一斉に「歴史謝罪」表明を要求

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.21 10:02
0
米国メディアが訪米を控えた安倍晋三首相に歴史を反省してわびるよう促した。

米日刊紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は20日(現地時間)、「安倍首相と日本の歴史」という社説で「訪米の成功は安倍首相がどれほど正直に日本の戦争の歴史と向き合うかにかかっている」と明らかにした。

同紙は「安倍首相は公には戦争に対して反省を表わし、性的奴隷問題を含む日本の侵略行為に対する過去の謝罪を尊重すると述べているが、自身の発言に“曖昧な修飾語”を付け加えている」とし「これは安倍首相が謝罪問題を真剣にとらえておらず、さらに言えばこれを薄めようとしているのはないかと思わせる」と批判した。

ワシントン・ポスト(WP)も同日、東京発記事で「安倍首相が来週行う米国議会演説で、旧日本軍慰安婦問題をはじめ過去の問題について通り一遍の言及にとどまるなら、この重要な時期に東アジアの緊張はより一層高まるだろう」と警告した。

また、米国政治専門紙「PoliticusUSA」も、コラムを通じて「安倍首相は公には申し訳ないと述べている」とし「しかし、個人的に安倍には植民地女性を慰安婦(性奴隷)とするのは不都合な真実なはず」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP