주요 기사 바로가기

【コラム】安倍首相に忠告する(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.16 08:11
0
韓日中関係が好転する機会が少し見える。3月21日の韓日中外相会談が最初の契機だ。2012年以来初めて会った彼らは、3年間開かれていない3カ国首脳会談の早期再開に向けて努力しようと合意した。

それから1週間後、朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相がリー・ クアンユー元シンガポール首相の国葬で会った。安倍首相は3カ国外相会談を再開した朴大統領のリーダーシップを高く評価するとし、首脳会談まで推進しようと述べた。

首脳会談の実現は安倍首相の口にかかっている。過去3年間に韓日中関係が大幅に後退したのは、安倍首相が過去の日本の侵略行為を否定しようとするところから始まった。1年前、安倍首相は1995年に発表された歴史的な村山談話を継承する意向がないという意味の発言をした。安倍首相は、侵略という言葉は合意した定義がなく多様な意見があるという、歴史文盲がしそうな発言で日本侵略被害国の怒りを招いた。

今年は終戦70年。安倍首相は3回の重要な演説で終戦70年を迎える。その最初が4月21日のバンドン会議の演説だ。55年に始まったバンドン会議は、アジアとアフリカの過去の植民地国が歴史上初めで同じ声を出した意味のある会議だ。2回目は4月29日の米国議会演説だ。日本の首相では初めて享受する栄誉だ。しかしこの2回の演説は8月15日の演説の予行演習にすぎない。

彼の歴史的な8・15演説を控え、多くの助言があふれる。内容は終始一貫している。先月日本を訪問したメルケル独首相は安倍首相に対し、ドイツを見習って過去を直視するよう直接的に忠告した。メルケル首相は述べた。「ドイツは過去に犯した過ちを事実通りに認めた。ドイツが本当に懺悔すると、隣国、特にフランスがドイツに寛大に接した」。

メルケル首相は具体的に、従軍慰安婦問題を解決して韓国と和解するよう安倍首相に促した。「日本と韓国は価値を共有する。慰安婦問題を適切に解決するのがよい」。

外国人の忠告は耳に障るのか。なら、安倍首相は国内のメッセージをよく聞きなければいけない。2月に徳仁皇太子が誕生日の談話で、日本は「謙虚に過去を振り返り、悲惨な体験を正しく伝えよう」と促した。安倍首相の側近の北岡伸一氏も3月、単刀直入に安倍首相に建議した。

「日本は侵略戦争をした。とてもひどいことをしたのは明らかだ。私は安倍首相に『日本が侵略した』と言ってほしい」。
【コラム】安倍首相に忠告する(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP