주요 기사 바로가기

金正日の指示で誕生した北朝鮮のビール…「日本・中国のビールに劣らない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.14 10:45
0
北朝鮮のビールは韓国のビールよりおいしいと主張する外国人がいる。北朝鮮を出入りしながら取材した英週刊誌エコノミストのダニエル・チューダー元ソウル特派員がその一人だ。彼が大同江(テドンガン)ビールが韓国のビールよりおいしいと発言し、韓国ビール業界が衝撃を受けたりもした。2013年4月に平壌(ピョンヤン)を訪問してビール醸造場を視察した米国のビール愛好家ジョージ・トーマス氏も大同江ビールを絶賛したと、「米国の声」(BOA)が報道している。当時、トーマス氏は「日本のアサヒビール、中国の青島ビールなど他国のビールと比較して大同江ビールは劣らない」と評価した。

大同江ビールは北朝鮮の代表的なビールだ。大同江ビールのほか、平壌ビール、龍城(ヨンソン)ビール、楽園ビールなどがあるが、大同江ビールが最も人気だ。大同江ビールは金正日(キム・ジョンイル)総書記の格別な愛情の中で誕生した。大同江ビールが誕生したきっかけは、金総書記が2001年、ロシアのサンクトペテルブルクにあるバルティカビール工場を視察しながらだ。金総書記は北朝鮮もおいしいビールを作ることができると判断したのか、帰国後に「世界最高級ビールを作りなさい」と指示した。

大同江ビール工場は2002年に設立され、同年4月に初めて生産された。その後、国際品質経営システム認証(ISO9001)と食品安全管理体系(HACCP)の認証も受けた。北朝鮮は180年の伝統を持つ英アッシャーズ醸造場が閉鎖すると、174億ウォン(約19億円)で買収し、工場施設を解体して平壌に移し、大同江ビール工場を設立した。それでダニエル・チューダー氏のような英国人の口に合うのかもしれない。

大同江ビールは大同江上流の地下水と黄海北道(ファンヘブクド)穀倉地帯である載寧(ジェリョン)平野の麦・コメ、両江道(ヤンガンド)のホップなどの材料で作る。金総書記は「両江道で栽培するホップを優先的に大同江ビール工場に供給するべき」と指示するほど、ビールの生産にかかわった。

大同江ビールは瓶ビール(黒ビール含む)と樽ビール(生ビール)の2種類で生産される。家庭でビールを飲むには瓶ビールを供給しなければならない。しかし瓶ビールの生産には問題点が多い。ビールを入れるガラス瓶が不足しているからだ。それで出したアイデアが空き瓶を回収して割った後、新しい瓶を作って使用するというものだ。空き瓶を洗浄して使うのは衛生上よくないからだ。金総書記は「瓶ビールを大量に生産するには、とにかくガラス瓶の問題を解決しなければいけない。空き瓶を回転させて何度も使うより割って作って使うのが主流だ」とし、ガラス瓶の生産にかかわったという。瓶ビールの生産には問題点が多いため、北朝鮮は内部的に樽(ケグ)ビールを推奨している。金総書記からして「ビールは樽から注いでこそおいしい」と樽ビールを宣伝した。
金正日の指示で誕生した北朝鮮のビール…「日本・中国のビールに劣らない」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP