주요 기사 바로가기

マッコリの抗がん物質含有量、ビールやワインの最大25倍

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.15 10:44
0
韓国の代表的伝統酒のマッコリに、ビールやワインより抗がん成分が最大で25倍多く含まれていることが確認された。韓国食品研究院食品分析センターのハ・ジェホ博士研究チームは14日、マッコリから抗がん物質のファルネソール成分を初めて発見したと明らかにした。ファルネソールは果実酒の重要な香り成分で、1リットル当たり約5~7ミリグラム程度の微量でも抗がん・抗腫瘍性質がある。

特に研究チームが国内で市販中の酒類のファルネソール含有量を分析した結果、マッコリのファルネソール成分はワインやビール(15~20ppb、1ppbは10億分の1)より10~25倍多い150~500ppbに達した。

ハ博士は、「1週間に2日程度、1回に3~4杯のマッコリを飲めば、実質的な抗がん効果があるだろう」と話した。また、「実験の結果、マッコリの混濁している部分にファルネソールがより多く含まれていることを確認した。マッコリを飲む時はよく振って沈んだ部分も一緒に飲むことが健康に良いと言える」と付け加えた。

研究チームは、「水が90%、アルコールが5~8%のマッコリの中で抗がん効果があるファルネソール含有量は極めて少ないため、これを抽出して成分分析をすることはかなり難しい。外国の場合でもワインやビールなどの酒類産業が発達した先進国だけで、極めて制限的に分析技術を保有している」と説明した。研究チームは、「今回の研究を通じて伝統酒のマッコリからファルネソールを分析する技術を初めて開発することにより、韓国のマッコリの優秀性を科学的に立証できる基礎技術を確保した」と明らかにした。
【今日のイチオシ記事】
・マッコリの抗がん物質含有量、ビールやワインの最大25倍
・福島原発近海の放射能数値が低下…依然予断許さず
・ハン・ヒョジュ、超ミニで脚線美を誇示
・【社説】原発、国民の安全と安心が優先
・【コラム】ソウルモーターショー、中国に勝つには中国と手を組め
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP