주요 기사 바로가기

【コラム】権力の外交想像力=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.02 08:47
0
リーダーシップは想像力だ。想像力は指導力を鍛える。外交はリーダーシップ想像力の舞台だ。今年は韓日国交正常化50年だ。その正常化は朴正熙(パク・ジョンヒ)政権の作品だ。当時、北方の大陸はふさがっていた。旧ソ連と中国は敵対国だった。韓国の進出路は南方の大洋だけだった。

大洋はリーダーシップの想像力を刺激した。その時代の設計者、金鍾泌(キム・ジョンピル)は新たな接近をした。「韓国は大陸についた盲腸のような位置にある。我々は太平洋・大西洋に進まなければいけない。日本をう回しては行きにくい」。それは外交的感受性の革新だった。

想像力はリーダーシップに勇気を吹き込む。朴正熙は国交正常化を決心した。彼は「昨日の敵でも、今日と明日のために必要なら彼らと手を握らなければいけないのが国家利益と国民の福祉を図る賢明な対処」と述べた。そのような姿勢は日本の活用だ。親日ではない。それは輸出経済と開放につながった。

今の韓日関係は危険だ。葛藤と憎悪は広くて深い。その様相は朴槿恵(パク・クネ)大統領-安倍首相の政権レベルを越えた。大半の韓国人は日本を嫌う。嫌韓はこれまで日本極右派の感情だった。今はもう日本人の普遍的意識に広がっている。朴正熙時代の外交産物は悪化した。娘の時代にドロ沼に落ちた。それは奇妙な逆説だ。

こうした流れの責任は安倍の歴史退行だ。彼は慰安婦問題を巧妙に回避する。それは慨嘆と怒りを生む。安倍の態度は韓国と中国を一つに固まらせた。中国はその機会を他の側面で活用した。中国外交の目標は韓日米協力体制の亀裂だ。その三角関係の弱点は韓日の部分だ。中国はそこに注目した。習近平主席はハルビンに安重根(アン・ジュングン)義士記念館を作った。ありがたいことだ。記念館は共助の象徴だ。

歴史は外交の武器だ。両国の関係は敏感だ。過去の歴史への共同対処の場面は強烈だ。それは外交のイメージを先占する。そのために独自打開の姿が一定水準で必要だ。共助は学界と市民団体が主導しなければいけない。しかし両国政府の対日攻勢は激しかった。その合作は突っ走るような姿に映った。韓国外交の印象は急速に変わった。国際社会に親中・反日として固まった。韓国が中国に傾くという評判は広がった。韓米同盟にも良くない気流が流れる。習近平の歴史外交は功を奏した。それは韓国外交の想像力不足を表す。
【コラム】権力の外交想像力=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP