주요 기사 바로가기

【コラム】自画自賛の韓国外交(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.31 09:57
0
尹炳世(ユン・ビョンセ)外交長官が昨日ソウルで開かれた公館長会議で、朴槿恵政権の外交政策の護衛武士を自任した。一部の批判的な見解に対する反論も忘れなかった。彼は「外交事案の高次方程式を1・2次元的に単純に眺める態度にこだわる必要はない」として「苦渋のない無責任な批判を気にせず、こつこつと進む道を行けば良い」と述べた。外交を心配する人々の声を単純無知な騒音程度に片付けてしまったわけだ。

彼は「19世紀的な考え方で、まるで韓国が依然としてクジラの争いのエビかサンドイッチの境遇のように表現するケースがある」としてこれを敗北主義的・自己卑下的・事大主義的な見解として一蹴した。むしろ彼は米中間に挟まれた韓国の境遇が双方から「ラブコール」を受ける祝福の状況になりうるといった。だからだろうか。尹長官は先週、韓国が中国の主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を宣言したことを「最適な絶妙の時点」で加入決定をすることによって高難度の外交力を発揮した代表的な事例だと自賛した。英国・ドイツ・フランスなど欧州主要国のAIIB参加決定のおかげで一緒に悪くなった虫歯を抜いたようなものだという話だ。

米国が推進する高高度ミサイル防御(サード)体系の参加問題でこそ米中間で高度な戦略的判断が要求される問題だ。尹長官の言葉通り米中間に挟まれた韓国の立場が祝福されるものならば、なぜそれを利用して北朝鮮の核問題解決を進展させられなかったのか気になる。サード論議も結局は北核問題に進展がないためではないのか。北核問題はもちろん南北および韓日関係が一歩も前進していないのに外交に問題がないとはあっけにとられる。森よりも木を見ることが尹炳世外交の弱点だ。

今サードについて論じるのは、試験を受ける前に合格・不合格を問い詰めることと同じだ。サード体制の実効性については米国内でも意見が交錯している。天文学的な費用に比べて効率が落ちるという主張も多い。北核問題の進展努力と共に、サードの実効性に対する科学的かつ技術的な検討が優先だ。

朴槿恵政権の外交安保チームにはチームワークというものがない。北朝鮮の核問題についても関係部署長官らの間にしっかり行われた討論は一度もなかったという。その中心に立つべき人は青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長だ。国際情勢から韓半島の状況まで現在と未来の全体局面を見るような鷹と虫の目を持って、重責を担当すべき人が国家安保室長だ。そんな器を備えた人が、その任務を引き受けなければならない。国防部、外交部、統一部、国家情報院が部署または個人の利己主義に陥って別々に遊んでいるという話が出てはいけない。朴槿恵政権は包装ではなく中身で外交的成果を見せなければならない。自慢するのはその次でも遅くない。

ペ・ミョンボック論説委員・巡回特派員
【コラム】自画自賛の韓国外交(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP