주요 기사 바로가기

<インタビュー>「中国の経済は強大…周辺国を“封臣”にする」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.26 08:49
0
--西欧の国では英国が最初に中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に加入すると発表した。

「総選挙を2カ月後に控えて参加決定をするほど、英国政府が中国と新興国を重視していることを見せる。創立メンバーになるのが透明性を高め、AIIB内で英国の影響力を最大化できると判断したようだ。外部からこのような原則に対して圧力を加えるべきだという米国の考えに英国政府は同意しない」

--中東でイスラム国(IS)がばっこするなど深刻な混乱状態だ。

「国際社会が中東のためにできることはほとんどないことを悟ったと考える。中東は自ら解決しなければいけない。外部の人が介入すれば分裂をさらに加速させる。一方を助ければ他方には敵となる。軍事的には変化させることができない。西側は介入の限界を知らなければいけない」

--国際的な原油安がグローバル地政学に及ぼす影響は。

「米国は石油輸出国機構(OPEC)を委縮させるほどの原油生産能力を持った。OPECが過去の影響力を取り戻すのは難しくなるかもしれない。近いうちに原油価格が1バレルあたり100ドルに上がることはなさそうだ。中期的には不安定になる可能性がある。地政学的にサウジアラビアは恩恵を受け、イラン・ロシアは打撃を受けた。最も重要なのはグローバル経済が原油安のおかげで上向いているということだ」

◆チャタムハウス=1920年にロンドンで王立国際問題研究所として設立された外交・安保分野の世界的な研究機関。今年1月の米ペンシルベニア大世界研究所の評価で、米ブルッキングス研究所に次ぐ2位となった。昨年から中央日報・維民文化財団・JTBCとともに「Jグローバル-チャタムハウスフォーラム」を開催している。討論の内容は報道するものの発言者はもちろん討論出席者の身分を公開しない報道準則である、いわゆる「チャタムハウスルール」でも有名だ。
<インタビュー>「中国の経済は強大…周辺国を“封臣”にする」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <インタビュー>「中国の経済は強大…周辺国を“封臣”にする」(2)

    2015.03.26 08:49
    뉴스 메뉴 보기
    ニブレット所長と対談する朴振(パク・ジン)元国会外交統一委院長。
    TOP