주요 기사 바로가기

<水泳>配慮と憂慮の間…朴泰桓「リオ」ジレンマ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.25 09:00
0
国際水泳連盟(FINA)が朴泰桓(パク・テファン、26)を18カ月間の選手資格停止処分とすると24日(日本時間)、発表した。禁止薬物テストステロンを服用した朴泰桓は予想より軽い懲戒を受けることになった。来年8月のリオデジャネイロオリンピック(五輪)に出場する可能性も残された。

FINAが23日、スイス・ローザンヌで開かれた聴聞会は朴泰桓に有利な道を開いた。予定されていた日程(2月27日)を1カ月近く先送りし、朴泰桓側に十分に釈明する時間を与えた。聴聞会が終わってから3時間後に懲戒内容が発表されたのも異例だ。慣例上、聴聞会の結果は早ければ3日後、長ければ1週間後に知ることができる。

テストステロンは世界反ドーピング機関(WADA)が最も厳格に禁止する薬物(S1等級)だ。故意性がなかったとしてもテストステロンを投薬した選手は普通2年以上の懲戒を受ける。しかし朴泰桓側はこの2カ月間、積極的に動き、懲戒レベルを下げるのに成功した。法律代理人をアントニオ・リゴチ氏(スイス)からドーピング専門弁護士のハワード・ジェイコブス氏(米国)に交代したのが成功した。またイ・ギフン大韓水泳連盟会長ら「聴聞会支援チーム」の努力もFINAを動かしたことが分かった。

◆FINA、ボールを韓国に=朴泰桓は自分にテストステロンが含まれた注射「ネビド」を投薬したT病院長を1月、検察に告訴した。聴聞会まで秘密を維持する義務があるが、それよりも故意性なく注射を受けた点を確認して知らせることが重要だと考えたのだ。先月6日、検察は「朴泰桓が禁止薬物と知らずに注射を受けた」と捜査結果を発表した。朴泰桓側はFINA聴聞会で検察の捜査資料を積極的に活用し、釈明した。FINAは韓国の世論に注目したという。

世界スポーツ界が禁止薬物に対して「非寛容原則」を前に出し、朴泰桓にも一定レベルの懲戒が必要だ。しかし朴泰桓のリオ五輪出場まで不可能にすれば、韓国水泳界が受ける打撃が大きいことも考慮した。18カ月資格停止処分は多くの点を考慮した決定だ。朴泰桓がドーピングテストで摘発された9月3日に懲戒が遡及適用される。朴泰桓が昨年の仁川アジア競技大会で獲得した銀メダル1個と銅メダル5個は剥奪される。

朴泰桓に対する懲戒は来年3月2日に解除される。リオ五輪の5カ月前であり、代表選抜戦を経て五輪に参加するのは不可能ではない。2年の懲戒なら五輪出場は断たれていた。18カ月の懲戒により、ボールは大韓体育会に渡った。カギは「禁止薬物により懲戒を受けた選手は懲戒満了後3年が過ぎてから国家代表で活動できる」という大韓体育会国家代表選抜規定(第1章5条6項)だ。これによると、朴泰桓は2019年3月2日以降に韓国代表になることができる。


<水泳>配慮と憂慮の間…朴泰桓「リオ」ジレン綃(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <水泳>配慮と憂慮の間…朴泰桓「リオ」ジレンマ(1)

    2015.03.25 09:00
    뉴스 메뉴 보기
    朴泰桓(パク・テファン、26)
    TOP