주요 기사 바로가기

【時論】南北、吸収統一なら民族の災難に(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.18 17:10
0
よくドイツ統一は西ドイツが東ドイツを吸収統一して実現したといわれるが、これは事実でない。ドイツ統一は東ドイツの住民が自由選挙を通じて西ドイツと統一しようと選択して実現したのだ。東ドイツの住民が進歩党である社会党でなく保守党であるキリスト教民主同盟を選択して西ドイツと直ちに統合しようとしたのは、何よりも西ドイツが東方政策を通じて20年間、毎年30億ドルずつ人道的支援をし、東ドイツ住民の心をつかんだためだと東西ドイツの政治指導者は話す。統一は単純な物理的な結合だけではいけない。化学的・生物学的融合を通じて新しい民族として生まれなければいけない。我々も北朝鮮住民の心を引き寄せる必要がある。

また、現状況で南北の経済格差は30倍ほどあり、ドイツ統一当時の東西ドイツの4倍に比べてはるかに大きい。韓国の基準でみると、北朝鮮住民の大半が基礎生活保護対象者となる。このように厳然たる現実を無視して韓国が吸収統一をするというのは話にならない。こうした経済的・社会的な格差の問題のため、韓国社会では統一より分断した現状態がよいという世論が50%を上回っている。

特に我々の分断は米国とソ連の冷戦対決の犠牲で強制されたため、統一は周辺国の同意が必要だ。ドイツ統一も米英仏ソの同意のもとで実現した。ところが現在の東アジア情勢は日米同盟対中露の対峙局面であり、過去の米ソ冷戦当時よりも複合的な新しい冷戦ー熱戦環境が形成されている。したがって韓国だけの吸収統一というのは根本的に不可能だ。朴大統領の北東アジア平和協力構想とユーラシア平和イニシアチブは、こうした新しい国際秩序に対する歴史的認識のもと、周辺国との平和構築を通じて南北の共同繁栄を徐々に実現するという平和統一政策だ。

したがって現実的でもなく可能でもない「吸収統一」問題で、南北の葛藤、国内の葛藤が続く場合、民族をさらに苦痛と犠牲へと向かわせることになる。光復(解放)70年、分断70年を迎える今年は我が民族にとって歴史的に重要な年だ。これまでの南と北の対決では、北は中国とロシアに、南は米国と日本により大きく依存し、分断を深めた。強大国の冷酷な自国利益政策の中で民族が堂々と生きていくためには、憎しみ、不信、対決の分断の歴史を越えて、南北、同族が一日も早く手を握って平和統一の道に進まなければいけない。南と北が手を握ってこそ、安倍政権の植民地侵奪に対する過去否定問題も解決できる。

キム・ソンジェ統一準備委員会社会文化分科委員長

◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。
【時論】南北、吸収統一なら民族の災難に(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP