주요 기사 바로가기

<インタビュー>市民意識の欠乏が韓国の根本問題…民主主義に近道はない(3)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.04 11:34
0
チャン=社会学者として近代史の世界へ入り込んで何が一番難しかったか。

宋=よくご存じのとおり、歴史研究は史学界ではほとんどのミクロ的な研究だ。例えるなら数千人の研究者が各自ウサギの穴を掘り進めて、全員がそれなりの何かを捕まえて出てきたが、それが私のような社会科学者の性には物足りなかったのだ。それで史学者の研究結果を基に何か明確な命題を作り出そうと欲張った。言い換えれば歴史学者が発掘した無数の歴史的事実をレンガとして、近代韓国社会の人民の進化過程を社会学的想像力で再建築したのがまさに『人民の誕生』『市民の誕生』だ。大変だったのは、私が市民の誕生を説明するために使った歴史学者の基礎的事実が、すべて想像で幻想だと批判を受けた時だ。こういうことで根こそぎ崩れることもありうるのだという恐れがなくはなかった。

チャン=社会科学理論から韓国の歴史へと移っていくのは、あなたの知的遍歴を越えて韓国の社会科学が向かうべき方向だと信じている。残念なのは『人民の誕生』や『市民の誕生』などは大変な尽力が込められた作品なのに、後続の論争が活発に行われていない点だ。なぜそうなのだろうか。

 
宋=『人民の誕生』や『市民の誕生』のように伝統的な学界の文法から脱却する試みをすれば2つの障壁が遮ることになる。1つは既成学界から見えない処罰が下されるということだ。もう1つは伝統的な文法から脱却すれば路頭に迷って学者としてのアイデンティティを逃す危険が伴うということだ。この2つの障壁のために既成学界がミクロ的知識を生産するラインでとどまることになる。私がうまくやったわけではない。そうこうしているうちに実験的な戦略がたくさん出てきたら良いというのが私の望みだ。だが韓国の大学は過去20年間、ミクロ的知識を生産する小売り商に転落した気がする。この限界をどのように突破するかが韓国の大学社会の大きな宿題ではないだろうかと思う。

チャン=現実に適した知識を要求する傾向は強くなっているのに、大学は萎縮している。市民民主主義はもろいが、民主主義の分裂はますます露骨になっている。希望はどこにあるのだろうか。

宋=難しい質問だ。私はさまざまな絶望的な状況にもかかわらず、個人的な気質のおかげなのか知らないが楽観的な考えを持とうと努めている。それでも無条件の楽観ではない。それでは、条件は何か。私たちがこれまで世界で比類なき成功を収めてきたので、今こそ「比類なき反省」をする時だということだ。比類なき成功を収めただけに、比類なき代価を払うほかはないという気がする。ここでの代価は、まさに「社会再設計(social redesign)のための譲歩的合意」を意味する。どんな再設計か。まさに福祉と不平等の改革が経済成長に寄与する再設計が必要な時だということだ。

チャン=初めの話に戻る面があるが、するとやはり市民の養成、市民の自覚というミクロ的基礎から韓国社会に置くべきだという言葉に聞こえる。また、そこに近道はないという意味に聞こえる。

宋=市民というのは私益を守ろうとする欲望を持つ存在ではないのか。私益を守って家族の生計をやりくりするのが市民の目標なのに、むやみにこれを追求すれば自分自身も危険になる。そばにいる人に配慮しなければ自分までも苦しくなるということだ。これが公益の要諦ではないだろうか。私益を守るためには公益が必要だ。それで公益というのは私益のための共同の大義名分のようなものだ。時間がかかっても、このような悟りを確かめて広めてこそ市民の政治、市民の民主主義が根をおろすという点を強調したい。

インタビュアー=チャン・フン中央(チュンアン)大学教授(政治学)

<インタビュー後記>らんらんとした目つきの中に淡々とした気勢

先月のソルラル連休を控えた週末、江原道の人里離れた山村の小さな書斎で宋虎根教授は冷たい風が絶えずに入ってくる寺子屋に独り座ってノートブックパソコンをのキーボードをたたいていた。名コラムニストであり数十冊の専門書を書いてきた華麗な経歴を支えている裏側の孤独な苦闘がそのまま感じられた。だが「比類なき成功をおさめた韓国社会は、今や比類なき反省の時間を持たなければならない」と力説する彼の目つきからは、以前よりも一層淡々とした気勢が感じられた。私たち自らが果たして共同体の市民なのかを自問し、これから徐々に市民民主主義の草の根を固めていこうという宋教授の言葉から、これまで生産的福祉国家の建設と二分法社会の克服のために彼が書いてきた無数の文よりも、さらに鮮やかな力が感じられた。中道と草の根を両翼にして「市民」を生き返らせようという宋教授の呼び掛けがもたらす反響が、ふと気になった。


<インタビュー>市民意識の欠乏が韓国の根本問題…民主主義に近道はない(1)

<インタビュー>市民意識の欠乏が韓国の根本問題…民主主義に近道はない(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP