주요 기사 바로가기

【社説】首相承認で頭をもたげる地域主義の亡霊=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.02.15 13:07
0
先週1週間を熱い雰囲気にした李完九(イ・ワング)首相候補者の人事聴聞会はわれわれにもうひとつの課題を投げかけた。候補者をめぐる与野党間の攻防が地域主義に偏った鋭い主張につながり、地域感情という古くさい対立が再び拡大したためだ。

11日に証人として出席したカン・ヒチョル忠清(チュンチョン)郷友会名誉会長は、質問した新政治民主連合所属の野党議員に「忠清から首相候補が出てくるのに湖南(ホナム)の方がずっと質問する」として地域感情の火をつけた。忠清道出身の首相が出てくるのに湖南出身の議員がブレーキをかけるという意味に解釈される素地があった。愛郷心の発露としてやり過ごすには過度な発言だった。首相に忠清首相と湖南首相が別々にあるのか。首相が何の地域代表なのか。

その発言が出た後の与野党の行動はさらに情けなかった。セヌリ党の忠清圏議員は声明書を発表して、「文在寅(ムン・ジェイン)代表が湖南首相論を掲げ地域政治を助長した」と非難した。新政治連合もこれに対抗し、「セヌリ党が窮地に追い込まれた李完九首相候補を救うため低級な地域感情を持ち出した」として逆攻勢に出た。続けて先月末に湖南首相論に言及した文在寅代表が国民世論調査を通じて首相を承認するかどうかを決めようと主張し、特定地域の民心を意識した政治的ジェスチャーという批判を受けるに至った。

聴聞会終盤に乱舞した地域感情攻防は韓国の政治史にもうひとつの退行的な政治的行動として記録されるに値する。忘れたころになると出てくる特定地域冷遇論が政治議論を占領し、首相の資格を問い質す聴聞会が低級な地域感情の戦場に変質してしまった。これを見守った国民は「韓国の政治水準はこの程度にしかならないのか」という失望感に改めて政治不信だけ確認してしまった。湖南線KTXの路線をめぐり地域対立を経験した政界がまた再び地域主義を火種にして対立政局の主導権を握ろうとするのではないかと疑問に感じるほどだ。

地域フレームはこれまで韓国政治で情勢が不利な時ごとに「伝家の宝刀」のように持ち出された戦術だった。今度は政治的な実利を狙って亡国的東西間地域対立を忠清圏にまで拡大させようとする様相だ。その反歴史的な政治行為は非難されて当然だ。地域対立治癒に先導しなければならない政治家らが地域主義を扇動するのは、もう消えなければならない旧態だ。

いまがいつなのか。すべての国政能力を総動員しても解決が難しい難題が山積みの状況で、出身地域を基準として組分けし国論を分裂させても構わないのか。国民大統合が時代的課題として登場したのに、与野党どちらも地域の話ばかりしているのが韓国政界の水準なのか。当面の政治的利害関係を意識して地域感情に訴える戦術は共倒れの近道であることを認識しなければならない。地域と出身を問わず山積した国家懸案を解決するのに力を集めなければならない時だ。(中央SUNDAY第414号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP