주요 기사 바로가기

北朝鮮-日本、中国上海で拉致問題の非公式協議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.13 14:02
0
北朝鮮と日本が先月、中国の上海で非公式協議を行って日本人拉致問題を議論したと日本メディアが報道した。読売や共同通信などが12日に報道した内容によれば、北朝鮮と日本政府当局者は先月末に中国上海で非公式協議を行ったという。両国間の拉致問題についての協議が行われたのは昨年10月に平壌(ピョンヤン)で開かれて以来だ。

しかし今回の接触に参加した具体的な人物については言及されなかった。ただし日本側からは伊原純一外務省アジア太平洋州局長が、北朝鮮側からは国家安全保衛部の関係者が参加したという。

先月の協議で日本代表団は、北朝鮮側に日本人拉致被害者の安否についての情報を要求したが、北朝鮮側が新たな情報を提示しなかったという。日本は北朝鮮側に拉致問題を再調査した結果報告を近日中に要請もした。日本の菅義偉官房長官は12日、記者会見で「北朝鮮に対して引き続き(拉致問題に関連して)迅速に調査を実施して早期に正直に日本側に通知することを強く要求したい」と話した。

北朝鮮と日本は昨年5月、スウェーデンのストックホルムで北朝鮮が日本人の北朝鮮拉致被害者の再調査を実施し、日本は北朝鮮の船舶往来制限など対北朝鮮の独自制裁を解除することで合意した。北朝鮮は7月4日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の直轄で北朝鮮拉致被害者の調査組織の特別調査委を設置し、日本は対北朝鮮の独自制裁を解除した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP