주요 기사 바로가기

韓国の中産層崩壊している…「IMFの死神」の警告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.05 08:32
0
国際通貨基金(IMF)のデビッド・リプトン首席副総裁は4日、「韓国は社会的階層移動が難しく中産層が崩れている。再分配政策を通じ不平等を減らさなければならない」と提言した。彼はソウル大学金融経済研究院の主催で開かれたセミナーに発表者として参加した。

1998年2月に当時の金大中(キム・デジュン)大統領就任直後に訪韓した彼は、当時企業構造調整などIMF救済金融計画の実行を陣頭指揮した。経済官僚の間で“IMFの死神”と呼ばれた。

リプトン副総裁は、「国家間の不平等は減っているが、国の内部の不平等はむしろ増加している。韓国も例外ではない」と話した。それとともに韓国の所得不平等を示す5つの特性を指摘した。▽社会階層間の移動崩壊▽中産層の減少▽労働市場の二分化▽高齢者の貧困▽性的不平等――だ。

彼は「1990年代75.4%だった韓国の中産層は2010年には67.5%に減った。所得の不平等水準を示すジニ係数も1990年の0.26から2010年0.31に上昇し相対的貧困率も高まった」と強調した。続けて「興味深いことに不平等が激しくなる国は成長が低下し、反対の場合は急速に成長するのを数年間見てきた。韓国も社会階層間の移動、中産層再建など、ますます悪化する不平等を防ぐために政府が公共社会支出を増やさなければならない」と指摘した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP