주요 기사 바로가기

韓国の銀行貸付1年間で93兆ウォン増加…金融危機以降で最大

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.03 11:43
0
銀行の貸付がこの1年間で93兆ウォン(約9兆9452億円)増えた。貸付バブルがピークに達した2008年以降最大幅の増加で後遺症への懸念も大きくなっている。

金融監督院が2日に明らかにしたところによると、昨年12月末現在の韓国の銀行のウォン建て貸付残高は1255兆8000億ウォン余りで、2013年末より93兆8000億ウォン余り増加した。個人向け貸付は518兆2000億ウォン余りで1年間に39兆2000億ウォン余り増加したが、これは金融監督院が関連統計を作成し始めた2007年以降で最大幅の伸びだ。住宅担保貸付が364兆1000億ウォン余りで1年間に37兆3000億ウォン増えたのが最大の原因だった。住宅担保貸付は総負債償還比率(DTI)と住宅担保貸付比率(LTV)緩和、過去最低水準の貸出金利、伝貰価格急騰などが重なって需要が急増し、8月以降ほとんど毎月5~6兆ウォンずつ急増した。

これは1年間に115兆ウォン増えた2008年以降で最大幅の増加だ。当時は銀行の貸付競争が最高潮に達していた時期だ。だが、同年9月にリーマンショックが引き金となる金融危機が起き銀行は同時に奈落に落ちた。2007年に10兆ウォン台だった普通銀行の当期純利益は2008年に6兆ウォン台、2009年に5兆ウォン台まで急落した。2007年にそれぞれ1.10%と14.60%だった総資産利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)も09年に0.39%と5.76%とほぼ3分の1に落ち込んだ。

金融圏では今回の貸付増加と関連し当時を思い起こさせる雰囲気もある。現在は金融危機状況ではないが、銀行券の沈滞が累積し収益性は当時より落ち込んでいる。昨年第3四半期基準で韓国の銀行のROAとROEはそれぞれ0.37%と4.91%にすぎない。

金融研究院のソ・ビョンホ研究委員は、「貸付が急増すれば貸出期間が満了する2年ほど後から銀行は影響を受けることになる。銀行の体質がかなり弱っている状況で不動産景気が悪くなったり金利が上がる場合、急増した貸付は相当な打撃として返ってくることになる」と話した。都市銀行関係者は、「政府で事実上貸付を奨励している状況のため貸付金規模を調節するのは難しい。不良債権比率と延滞率を低くするなどの努力を通じ貸付不健全化の可能性を低くするのに注力している」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP